生活・健康 保護者ニュース記事一覧(5 ページ目)

朝日新聞社、学童保育事業へ進出…2018年4月「港北綱島校」開業 画像
小学生

朝日新聞社、学童保育事業へ進出…2018年4月「港北綱島校」開業

 朝日新聞社は2018年4月、学童保育事業「ASAHI KIDS.アフタースクール 港北綱島校」を開業する。同社の学童保育事業への進出は初。運営は、首都圏を中心にアフタースクール事業を展開するウィズダムアカデミーが行う。

子育てタイプを簡単診断、「まもレール」の親子絆チェック 画像
保護者

子育てタイプを簡単診断、「まもレール」の親子絆チェック

 セントラル警備保障は10月27日、子ども見守り改札通過通知サービス「まもレール」のWebサイトにおいて、新コンテンツ「親子絆チェック」をスタートした。自分がどのようなタイプの母親なのか、9問の簡単な質問から診断できる。

【年末年始】ふるさとへの想いを胸に走るランニングフェス…1/7お台場 画像
その他

【年末年始】ふるさとへの想いを胸に走るランニングフェス…1/7お台場

 ウィズスポは、誰でも気軽に参加できるランニングイベント「ふるさとランニングフェスティバル」を2018年1月7日(日)に東京お台場 シンボルプロムナード公園にて開催する。

母親の7人に1人、子どもの食事代わりに「お菓子」…クラシエ調査 画像
保護者

母親の7人に1人、子どもの食事代わりに「お菓子」…クラシエ調査

 子どもがお菓子を食べる頻度は、「毎日複数回食べる」と「ほぼ毎日食べる」を合わせて6割以上が毎日お菓子を食べていることがクラシエフーズの調査結果より明らかになった。また、母親の7人に1人が食事代わりにお菓子で済ませることがあると回答した。

「POLYGLOTS Teacher」で挑戦、親世代の英語教育改革と働き方改革 画像
保護者

「POLYGLOTS Teacher」で挑戦、親世代の英語教育改革と働き方改革PR

 「もっと学びたい」「もっと英語力を生かしたい」という志をもつ親世代に向けて、親自身の英語教育改革と働き方改革に挑戦する機会を提供しているのが英語学習アプリ「POLYGLOTS」を支える「POLYGOTS Teacher」だ。人気講師にその魅力について聞いた。

応募総数日本一、第29回「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」11/3から応募開始 画像
未就学児

応募総数日本一、第29回「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」11/3から応募開始

 伊藤園は、11月3日より第29回「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の作品募集を開始する。応募締切りは2018年2月28日。幼児から一般、英語俳句の部まで6部門で作品を募集。応募の中から入賞作品に選ばれた2,000作品は「お~いお茶」のパッケージに掲載される。

少子化対策で充実させてほしい施策、最優先は「就学前の施設の拡充」 画像
保護者

少子化対策で充実させてほしい施策、最優先は「就学前の施設の拡充」

 厚生労働省は10月24日、「平成27年社会保障における公的・私的サービスに関する意識調査」の結果を公表。少子化対策を「大幅に拡充すべき」「より充実させるべき」と回答した人の約7割が、優先的に充実させてほしい施策として「小学校就学前の施設の拡充」をあげていた。

三世代世帯は減少、厚労省「家計所得の分析に関する報告書」 画像
保護者

三世代世帯は減少、厚労省「家計所得の分析に関する報告書」

 厚生労働省は10月24日、「家計所得の分析に関する報告書」を公表した。三世代世帯の割合は、世帯主年齢の全階級において1986年から2015年の間に減少しており、三世代世帯が少なくなっていることがわかった。

平成29年版「厚生労働白書」…子どもの貧困や待機児童など 画像
未就学児

平成29年版「厚生労働白書」…子どもの貧困や待機児童など

 厚生労働省は10月24日、「平成29年版厚生労働白書」を公表した。少子化、待機児童、子どもの貧困、社会保障、働き方改革など、社会問題化している政策課題について現状や施策をまとめている。

ハロウィンをイメージできる名前ランキング、1位は「楽」 画像
未就学児

ハロウィンをイメージできる名前ランキング、1位は「楽」

 スマートフォン向けアプリ「赤ちゃん名づけ」を提供するリクスタは、「ハロウィンをイメージできる名前ランキング」を発表した。1位「楽(がくなど)」、2位「橙生(とうきなど)」、3位「祭(まつりなど)」がランクインした。

着られなくなった服を寄付金に「こども服みらいファンド」設立 画像
その他

着られなくなった服を寄付金に「こども服みらいファンド」設立

 キャリーオンは、着られなくなった子ども服を活用した寄付プログラム「こども服みらいファンド」を開始した。送られてきた子ども服を査定し、買い取った金額すべてが「子供の未来応援基金」に寄付される。

平日夜間や土日に相談「かながわひとり親家庭相談ダイヤル」 画像
保護者

平日夜間や土日に相談「かながわひとり親家庭相談ダイヤル」

 神奈川県は、ひとり親家庭の支援を目的とした電話相談窓口「かながわひとり親家庭相談ダイヤル」を10月23日に開設した。「平日昼間は仕事のため相談に行けない」という声を考慮して、平日夜間や土日に相談できる。

子ども1人での電車、保護者4割が「居場所が不明」経験あり 画像
小学生

子ども1人での電車、保護者4割が「居場所が不明」経験あり

 小学生から高校生の子どもを持つ首都圏在住の母親のうち、見守りに自信のある母親でも4割以上が「子どもの居場所が長時間わからなくなった経験がある」ことが、セントラル警備保障が実施した「子育て・見守りに関する調査」で明らかになった。

子どもから大人まで、自然豊かな伊万里を歩く「伊万里ウオーク」11/23 画像
小学生

子どもから大人まで、自然豊かな伊万里を歩く「伊万里ウオーク」11/23

 佐賀県伊万里市の大川内山など歴史ある自然豊かな伊万里を歩く「伊万里ウオーク2017」が11月23日(木)に開催される。

【台風21号】JR東日本・中部・西日本、10/23始発からの運休情報を更新 画像
その他

【台風21号】JR東日本・中部・西日本、10/23始発からの運休情報を更新

 通勤、通学への影響が危ぶまれる台風21号。JRや航空各社などは10月22日(日)時点で10月23日(月)の運休、遅延を発表している。10月22日午後8時55分時点で発表されているおもな路線の10月23日に関わる運転見合わせ状況は本文の通り。

8割以上の母親、立場や環境にあう働き方を希望 画像
保護者

8割以上の母親、立場や環境にあう働き方を希望

 働く母親の8割以上が、「自分らしいワークライフバランスを大切にしたい」「自分のライフスタイルやライフステージに合わせて働き方を選びたい」と考えていることが、ソラストの調査より明らかになった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 30
  13. 40
  14. 50
  15. 最後
Page 5 of 86
page top