50歳以上対象、大阪千代田短大で特別入試実施…学費減額優遇も

 大阪千代田短期大学は、満50歳以上を対象とした特別入試「50+(フィフティプラス)入試」を実施する。志望理由書と小論文、面接による選考が行われ、合格者は学費が減額優遇される。

教育・受験 保護者
大阪千代田短期大学
  • 大阪千代田短期大学
  • 「50+入試」入学者の学費
  • 「50+入試」日程
 大阪千代田短期大学は、満50歳以上を対象とした特別入試「50+(フィフティプラス)入試」を実施する。志望理由書と小論文、面接による選考が行われ、合格者は学費が減額優遇される。

 同短期大学は1965年に開学。幼児教育科(幼児教育コース/保育福祉教養コース)と、総合コミュニケーション学科(介護福祉コース)をもつ男女共学の学校である。「50+(フィフティプラス)入試」では、幼児教育コースで若干名、保育福祉教養コースで50名、介護福祉コースで若干名の学生を募集する。「50+入試」の合格者は学費を減額優遇され、半期の授業料が25万円(通常は40万円)、教育充実費は免除(通常は20万円)される。

 出願資格は、「高等学校を卒業した者、または通常の課程による12年の学校教育を修了した者。あるいは、学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者。」「年齢が入学時(平成28年4月1日)に満50歳以上の社会人の経験を有する者。」のすべてに該当すること。

 出願時に提出する志望理由書と小論文(90分)、個人面接(15分)の3つで選考が行われる。志望理由書は所定の用紙があるため、出願前に入学支援課へ電話もしくはEメールで請求する必要がある。

 第1期の出願期間は9月28日から10月5日(消印有効)まで、試験日は10月10日となっており、合格発表は10月15日に行われる。2016年3月までに全6回の試験が実施される。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)