カピバラに赤ちゃん誕生、4頭すくすく…もうすぐ一般公開

趣味・娯楽 小学生

赤ちゃん(10月12日撮影) (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • 赤ちゃん(10月12日撮影) (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • 母親と赤ちゃん(10月12日撮影) (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • 母親「コマリ」 (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • 父親「彦馬」 (c) 埼玉県こども動物自然公園
 埼玉県こども動物自然公園で10月10日、カピバラの赤ちゃんが誕生した。生まれた5頭のうち、1頭は残念ながら12日に死亡してしまったが、4頭はすくすく育っており、1~2週間ほどで一般公開される予定となっている。

 母親は、同園生まれのコマリ(7歳)。8度目となる今回は、急きょ出産となったため、一般来園者が立ち会ったが、ベテランらしく周囲を警戒することもなく堂々と出産したという。父親は、長崎バイオパーク生まれの彦馬(8歳)。

 同園によると、カピバラの赤ちゃんは親のミニチュア状態で生まれ、翌日には自力での採食も始まる。赤ちゃんの性別は不明。5頭のうち、1頭は12日に死亡したが、残りの4頭は1~2週間ぐらいで放飼場の家族と一緒に一般公開される予定。ただし、日中は母親と赤ちゃんを部屋に収容しているため、赤ちゃんが見られないこともあるという。

 カピバラは、南アメリカの水辺(川のそば)に生息する。体長は約105~135センチ。体重は35~65キロ。同園では、赤ちゃんを含め、現在12頭のカピバラを飼育している。

◆埼玉県こども動物自然公園
開園時間:9:30~17:00(入園は閉園の1時間前まで)※11月15日~2月10日は9:30~16:30
休園日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開園)
入園料:高校生以上510円(団体410円)、小中学生210円(団体170円)※未就学児・障害者手帳をお持ちの方は無料
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)