ギャップイヤーって?東大が推奨する隙間期間の過ごし方

教育・受験 高校生

ギャップイヤーって、知ってる?日本の高校生にオススメしたいギャップイヤ…
  • ギャップイヤーって、知ってる?日本の高校生にオススメしたいギャップイヤ…
日本でも2013年頃から東京大学が推奨し始めたことで一度は名前を聞いたことがあるかもしれない“ギャップイヤー”。ギャップイヤーとは、卒業から入学/入社まで、もしくは、進級するまでの隙間期間のこと。イギリスやアメリカなどでは、3月に卒業し9月入学/入社と少し期間が空くケースもあり、学生たちは、その貴重な隙間期間を利用して、さまざまな取り組みにチャレンジしている様子。また大学生だけじゃなく高校生も同じように、このギャップイヤーを大切にしています。そこで、今回は、海外留学のEF(http://www.efjapan.co.jp/)の記事より、日本の高校生にオススメしたいギャップイヤーの過ごし方をご紹介します。

海外留学で自己成長を! 
海外の学生たちがギャップイヤー期間中に最も多くチャレンジするのが「海外留学」。言葉が通じず、知っている人が誰もいない環境は、まさしくゼロからのスタート。家族や友人に甘えて生活してきた自分をリセットする機会となるはずです。また、普段とは違う習慣や異なる環境に身を置くことで価値観が大きく変わるかもしれません。海外のように、3月卒業9月入学/入社といった、長期にわたる隙間時間をつくることはできないかもしれませんが、日本では出来ない経験を得るために1週間でも海外に足を踏み出すことが重要です。
ボランティアにも積極的に取り組もう 
ギャップイヤーは、普段の学生生活では決して味わうことのできないことに思い切ってチャレンジできる期間。実は、海外の学生たちは、社会の一員として様々なボランティア活動を行っているようです。ボランティア活動をすることで、普段とは違う考えた方や見える景色が変わるはずです。(まさしく学校では教えてくれないことが沢山学べます!)一人で、なかなか一歩踏み出すことができないのであれば、ぜひ、興味のあるボランティア活動に友達やクラスメイトを誘ってみましょう。
外国人観光客を見つけて会話を楽しもう 
ギャップイヤーの本質は、学校では決して経験できない、社会からの学びを得ること。休みだからと言って、じっと自分の部屋に閉じこもっていてはいけません。思い切って外に飛び出しましょう!最近では、みなさんもご存知の通り、日本を訪れる外国人観光客が増えているため、彼らと話をすることで、日本にいながらにして海外の情報を得られるはずです。また、なぜ彼らが日本を訪れているのか、日本にはどんな魅力があるのかを理解する絶好の機会かもしれません。苦手な英語でも勇気を振り絞って話しかけてみるといいかもしれませんよ。また、彼らがもし道に困っていたら、ガイドしてあげてもいいかもしれません。きっとあなたにとって良い経験になるはずです。
記事提供:海外留学のEF(http://www.efjapan.co.jp

ギャップイヤーって、知ってる?日本の高校生にオススメしたいギャップイヤ…

《マイナビティーンズ》

関連記事

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)