内定後に完全無料で海外へ行ける就活プログラム「ミラパス」登場

 JELLYFISH(ジェリーフィッシュ)は、就職内定後のギャップイヤーに無料で海外留学・海外インターンシップを経験できるプログラム「ミラパス」を4月から開始する。プラットフォームにおいて、エントリー学生にグローバル企業を紹介し、就職活動をフォローする。

教育・受験 大学生
ミラパス
  • ミラパス
 JELLYFISH(ジェリーフィッシュ)は、就職内定後のギャップイヤーに無料で海外留学・海外インターンシップを経験できるプログラム「ミラパス」を4月から開始する。プラットフォームにおいて、エントリー学生にグローバル企業を紹介し、就職活動をフォローする。

 ギャップイヤーとは、大学の入学試験に合格した学生が、高校卒業後に一定の休学期間を得てから入学する制度。休学中の行動は自由で、ボランティア活動や留学、旅行などで見聞を広める期間にあてることができる。

 JELLYFISHによると、就職活動開始時期の度重なる変動もあり、昨今は一般的に優秀な人材ほど早期内定に動き、内定獲得後も就職活動を継続する傾向にある。「ミラパス」開設の背景には、企業側による内定者の囲い込みという手法やコストに対する課題があるという。

 「ミラパス」は、学生が内定後のギャップイヤーを活用して、海外留学や海外インターンシップが体験できるプログラム。学生は、プラットフォーム「ミラパス」専用サイトからエントリーし、内定選考会への参加、キャリアコンサルタントへの相談、内定取得、海外留学まですべて無料で利用できる。ミラパス経由で内定を獲得した学生は、全員海外留学や海外インターンシップに完全無料で参加できる。

 対応する企業は、海外展開している、または近く海外進出を予定しているというグローバル企業。業界大手からベンチャー企業まで、多種多様な企業が参加するという。海外就労経験が豊富な専門コンサルタントが、グローバル採用における就職活動について、フォーローアップも行う。

 詳細や申込み方法、説明会の開催日時はミラパスWebサイトで確認できる。 JELLYFISHは、「ミラパス」の活用より企業側は内定学生に対して長期間にわたるイベントなどを講じる必要性から解放され、内定後に海外体験を得た学生を雇用することができるとしている。学生側も、社会人生活に先駆けて、有意義な体験が可能となるメリットがあるという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)