東京大学内で展覧会、細胞とアートの“小さな実験室”

趣味・娯楽 その他

展覧会メイングラフィック
  • 展覧会メイングラフィック
  • 展覧会メイングラフィック
  • STANDING CELL
  • 細胞彫刻
  • 細胞彫刻初期スケッチ (sketch by Shunji Yamanka)
  • 細胞を生ける器 (Sketch by Yasuhiro Suzuki)
  • CO2 Incubator TypeY
  • Biological Safety Cabinet TypeY
細胞を用いたアート作品が展示される「ELEGANT CELL -細胞とバイオマテリアルの小さな実験室」が、2月17日から23日まで東京大学駒場リサーチキャンパス内の東京大学生産技術研究所S棟1階のギャラリーで開催される。

ビーズ状に加工した細胞を型に入れて固めたり、糸状に並べて編み物をしたりと、細胞を高度な機能部品として生きたまま配置して立体的に造形する研究を行う東京大学竹内研究室。これまで、東京大学山中研究室とともに細胞を用いた新しいものづくりを行ってきた。

今回開催される展覧会では、細胞の彫刻や新しいデザインの実験器具などを展示する。ラインアップは、パナソニック ヘルスケアとインダストリアルデザイナーの山中俊治によるバイオメディカ機器(生物医療に関わる機器のこと)や、アーティストの鈴木康広が細胞や生体材料を用いて製作した「細胞を生ける器」など。

また、2月17日の18時から19時30分まではアーティストの福原志保と山中が、19日の同時刻には女優の池澤あやかと東京大学教授の竹内昌治が、21日の14時から15時30分までは、鈴木と竹内と山中がトークセッションを行う。

【イベント情報】
「ELEGANT CELL -細胞とバイオマテリアルの小さな実験室」
会場:東京大学生産技術研究所S棟1階ギャラリー
住所:東京都目黒区駒場4-6-1 東京大学駒場リサーチキャンパス内
会期:2月17日~23日
時間:11:00~19:00
会期中無休

東京大学内で、細胞とアートの“小さな実験室”公開。山中俊治デザインの実験器具や、細胞彫刻を展示

《HEW》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)