【話題】中学英語教科書に騒然…かわいすぎるエレン先生にリオ五輪・Skypeも

 親子間はもちろん、兄弟・姉妹の間でも利用しているものが変わる場合がある「教科書」。中学生のころに自分が利用していた教科書は何だったか、覚えているだろうか。ある1冊の中学英語教科書がネットで話題になっている。

教育・受験 中学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 親子間はもちろん、兄弟・姉妹の間でも利用しているものが変わる場合がある「教科書」。中学生のころに自分が利用していた教科書は何だったか、覚えているだろうか。ある1冊の中学英語教科書がネットで話題になっている。

 「挿絵がかわいすぎる」「ストーリーがリアル」と話題になっているのは、東京書籍が発行する中学英語教科書「NEW HORIZON(ニューホライズン)」。平成28年度版では、生徒の英語学習を手引きする登場人物のイラストや単元ごとのストーリーが一新された。

 文中のイラストに起用されたのは、イラストレーター電柱棒氏の手がける躍動感でいっぱいの挿絵。新しい教科書に驚いたネットユーザーによる投稿によれば、ストーリーには主人公の中学校に赴任したALT教師のエレン・ベーカー先生の出身である米国で人気の野球球団(ボストン・レッドソックス)が登場していることが伺え、改訂ではより現代の生徒たちが身近な話題で学習できるような工夫がなされたことがわかる。

 東京書籍編集部によると、生徒たちが親しみを持ち英語学習に対する「やる気」を持てるよう、現代に欠かせない話題を1年生から3年生の教科書それぞれに盛り込んだ。時事的なリオデジャネイロオリンピック関連の話題に加え、主人公がSkypeを利用して海外に住む姉と会話をするシーン、そして「ハリー・ポッター」の舞台となった英国を訪れる単元もある。

 東京書籍は現在、NEW HORIZONで育った大人たちに向け、AR(拡張現実)機能を取り入れた「ミライ系 NEW HORIZON でもう一度英語をやってみる」(東京書籍)を発売中。残念ながら同教科書に長い間登場していたミス・グリーンの姿はないが、大人になったNEW HORIZONおなじみのキャラが登場し、読者を今一度英語学習の世界へいざなってくれる。AR機能により、専用アプリをダウンロードしたスマホをかざせばキャラが動き出す仕様も現代ならでは。

 進級・進学の季節。子どもが持ち帰ってきた教科書に目を通せば、自身の生徒時代を思い出す新たな発見があるかもしれない。1年間の学習計画を立てながら、親子で一緒に教科書を眺めてみてはいかがだろうか。

◆改訂されたNEW HORIZONに関するネットユーザーの反応
「うらやましい」「レッドソックスが出るとは」「今の学生はこんなかわいい絵を見ながら学習できるのか」「もう少しはやく出版してくれ」「自分もこんな教科書で勉強したかった」「ミス・グリーンはどこ?」
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)