筑波大とICUが大学間連携協定を締結、両キャンパス機能を共有化

 筑波大学と国際基督教大学(ICU)は4月6日、大学間連携協定を締結した。今後は両キャンパス機能を共有化し、教育研究資源を積極的に活用した教育を展開していく。ICUでは、筑波大学の医学医療系の研究指導を受けることができる。

教育・受験 大学生
調印式のようす 国際基督教大学Webサイトより
  • 調印式のようす 国際基督教大学Webサイトより
  • 筑波大学
  • 国際基督教大学
 筑波大学と国際基督教大学(ICU)は4月6日、大学間連携協定を締結した。今後は両キャンパス機能を共有化し、教育研究資源を積極的に活用した教育を展開していく。ICUの学生は、筑波大学の医学医療系の研究指導を受けることができる。

 協定の特徴は、両大学の学生が相互の大学において、自身の大学キャンパスで学習しているような学習環境を得られることにある。協定では、受入れ学生数の上限を設けず、ICUの学生は筑波大学で医学医療系、スポーツ科学系、芸術系等の卒業研究の指導が受けられる。さらに、筑波大学の海外協定校に留学することが可能になる。

 筑波大学の永田恭介学長は、「有数なリベラル・アーツ教育を実施しているICUと協定を結ぶことができたことをうれしく思う」とコメント。永田恭介学長は連携を生かして有為な人材育成につなげる考え。ICUの日比谷潤子学長は「筑波大学は多くの協定校持っているので、そういった資源が活用できれば学生の選択肢が増えることになり、非常にありがたい」と述べている。

 今回の連携協定は、スーパーグローバル大学創成事業で進めている海外大学との連携である「Campus-in-Campus(CiC)」の国内版として、「Campus-with-Campus(CwC)」、つまりキャンパス機能の共有と位置付けられる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)