EdTechとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

教育ICT 先生

EdTechとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
  • EdTechとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆EdTechとは


【読み】エドテック
【表記】Education & Technology、類語:ICT教育、類語:eラーニング
【分類】ソフトウェア
【ひとことで言うと】
「次世代のオンライン学習・eラーニングシステム」
【解説】
 「EdTech」は、EducationとTechnologyを組み合わせた造語だが、指し示す意味合いはやや狭く、基本的には「次世代のオンライン学習・eラーニングシステム」の領域を指す。たとえば、「MOOC」(ネットで無料受講できる大規模講義)を中心とした動きが、EdTechの本流とされている。MOOCを提供するサイト「Khan Academy」(2006年開設)の認知拡大をきっかけに、2013年頃より、シリコンバレーなどで「EdTech」という考えが注目されるようになった。

 生命科学領域における「BioTech」、金融領域における「FinTech」などの用語と同様に、ビジネス的な視点が強く、「EdTech」においても、ビジネス面でのイノベーションやマネタイズについて、ある程度重視されている。そのため、学校教育に限らず、ビジネス教育などでもEdTechは注目を集めている。一方、教育現場では、質の高い学習を提供するために、いかにEdTechを取り入れるかが摸索されている。

【関連用語】教育ICT、MOOC
【最終更新日】2016年4月30日
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)