ベネッセHD原田泳幸氏、会長兼社長を退任…次期社長に福原副社長

教育・受験 その他

ベネッセホールディングス 代表取締役会長兼社長 原田泳幸氏(過去取材時のようす)
  • ベネッセホールディングス 代表取締役会長兼社長 原田泳幸氏(過去取材時のようす)
  • 代表取締役の異動ならびに役員人事の内定に関するお知らせ
 ベネッセホールディングスは5月11日、代表取締役の異動ならびに役員人事の内定を公表。代表取締役会長兼社長兼ベネッセコーポレーション代表取締役社長の原田泳幸氏が退任することがわかった。詳細は5月11日17時から予定されている決算説明会の冒頭で述べられる予定。

 ベネッセホールディングスは5月11日、2016年3月期の決算発表を行った。2016年3月期決算短信によると、売上高は平成27年約4,633億から平成28年約4,442億へ、約191億の減収。営業利益は平成27年の約292億から平成28年の約109億へ、約183億の減益となった。減収は2期連続、減益は3期連続。

 原田氏の退任は、本人の申し出によるもの。6月25日の任期満了を持って現職を退任する。代表取締役社長には、6月25日から代表取締役副社長兼CAO(最高管理責任者)の福原賢一氏が就任する。原田氏は2013年6月にベネッセホールディングス取締役に、2014年6月に同社代表取締役会長兼社長に就任した。2014年10月からは、現任の同社代表取締役会長兼社長、ベネッセコーポレーション代表取締役社長に就任している。

 退任理由の詳細は、このあと17時から行われる決算説明会の冒頭で原田氏本人より説明がある。説明後には、質疑応答時間も設けられる予定。ベネッセホールディングスの決算情報はWebサイト「IR情報」で閲覧できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)