学力テストトップクラスの秋田県へ「教育留学」小中学生募集

教育・受験 小学生

秋田で学ぼう!教育留学推進事業
  • 秋田で学ぼう!教育留学推進事業
  • 秋田で学ぼう!教育留学推進事業 詳細
 秋田県は、県外の小中学生が秋田の教育を体感できる「教育留学事業」を2016年度からスタートする。「全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)」において、平均正答率トップの常連である秋田県の教育を直接体験できるほか、期間や重点内容などにも柔軟に対応するという。

 「秋田で学ぼう!教育留学推進事業」と題した新規の取組み。全国でもトップクラスの学力をはじめ、マンパワー、豊かな自然環境など、秋田県の教育資源を活用し、県外から小中学生を受け入れる。

 通年で随時、留学希望者を受け入れる方針で、期間も1週間、1か月、1年など、利用者の要望に応じて柔軟に対応。学習、交流、体験活動、生活改善など、重視する内容についても利用者の希望や相談に応じる。拠点施設となる合川学童研修センター(秋田県北秋田市)での宿泊のほか、地域での民泊も自由に組み合わせられるなど、「オーダーメイド」で対応していくという。

 受入れ先となる学校は、北秋田市内の小中学校。見学だけでなく、実際に授業にも参加。学習のほか、秋田の地域性を生かした農業体験や自然体験などの体験活動も重視する。学び・体験・交流を総合的にコーディネートする教職員も配置される。

 利用料金は、1泊2日(3食付き)2,200円の予定。利用料金には、食費・宿泊費・光熱費・保険料を含む。11月から3月までは、暖房費として100円増しとなる。教育留学の体験をステップとして、家族ぐるみでの移住・定住につなげたいという狙いもあり、移住への相談体制も整えている。

 教育留学の希望者は、秋田県教育庁生涯学習課に事前に電話で問い合わせる。後日、調査票が送付され、保護者同伴で面接が実施される。問い合わせや相談も随時受け付けている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)