どう保存する?子どもの絵…インテリアや人形への加工サービスまとめ

生活・健康 保護者

画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • キッズアートキャンバス 時計入り「キャンバスクロック」
  • キッズアートキャンバス
  • キッズアートキャンバス「背景色づけコース」
  • キッズアートキャンバス「デザイナーとコラボ!コース」
  • フェリシモ「未来へつなぐ 思い出ひきだしお申し込みキット」
  • フェリシモ「未来へつなぐ思い出ひきだしからとび出たマイ絵本」
 ヘキサゴンは、子どもの絵をキャンバスプリントに仕上げる「キッズアートキャンバス」のサービスを開始した。Webサイト「AMBIENTE(アンビエンテ)」内の「キャンバスプリント」で購入できる。

 「キッズアートキャンバス」は、子どもの描いた絵をキャンバスプリントに仕上げるサービス。キャンバスプリントは絵のみの「キャンバスフォト」、時計入りの「キャンバスクロック」の2種類。子どもの絵をそのまま仕上げる「原画そのままコース」、希望の背景色をのせる「背景色づけコース」、子どもの絵にデザイナーがアレンジをする「デザイナーとコラボ!コース」から選べる。今しか描けない絵を、インテリアとして残せるほか、母の日や父の日、還暦のお祝いなどプレゼントにもなるという。

 「キッズアートキャンバス」に留まらず、ほかにもさまざまな企業が子どもの絵をインテリアや実用品に加工するサービスに取り組んでいる。

 フェリシモの「思い出ひきだし」サービスでは、子どもの絵や習字などの作品を防火・防災対策、空調管理など徹底した環境で預かってくれるだけでなく、預けた作品の中から最大15作品を選び、1冊の絵本にしてくれる。タイトルや中のコメントなどは好きな言葉を入れることができるので、オリジナル作品集を作れそうだ。

 KID’Sグッズ工房では、子どもの描いた絵を時計やマグカップ、エコバッグ、Tシャツなどにしてくれるサービスを行っている。エソラワークスやHug meee!などでは、子どもの絵をぬいぐるみにしてくれるサービスを行っている。

◆キッズアートキャンバス
料金:1,840円(税込)~ ※5月31日までのキャンペーン価格
購入方法:Webサイト「アンビエンテ」内の「キッズアートキャンバス」商品詳細ページより申し込む
※子どもの絵は、データ送付もしくは郵送にて受付
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)