ママが憧れる兄弟構成は「一姫二姫」人気の理由は?

生活・健康 保護者

 子育て中のママが理想とする兄弟構成でもっとも多かったのは、「女の子(1人目)×女の子(2人目)」であることがキッズラインの調査により明らかになった。憧れの兄弟構成が実現しなかった人は7割以上。その理由は、「体力・健康面」が最多だった。

 「兄弟構成に関する意識調査」は、子育て中の女性90名を対象に実施したもの。調査対象者の就労状況は、共働き世帯73.3%、片親のみ就労世帯21.1%、ひとり親世帯5.6%。調査期間は6月4日~13日。

 憧れの兄弟構成は、1人目が「女の子」58.9%、「男の子」36.7%、「特になし」4.4%。2人目が「女の子」46.7%、「男の子」41.1%、「特になし」12.2%。もっとも人気が高かったのは「女の子(1人目)×女の子(2人目)」だった。また、3人目が欲しいかを聞くと58.9%が「考えていない」と回答。4人目では94.4%が「考えていない」と回答した。

 「女の子(1人目)×女の子(2人目)」と回答した理由には、「女の子はお手伝いを積極的にしてくれる」「自分が姉妹で大人になっても協力しやすい」などがあげられた。

 憧れの兄弟構成が実現したかという質問には、72.2%が「いいえ」と回答。実現しなかった要因でもっとも多かったのは「健康・体力面」40.3%、ついで「仕事との両立が難しい」31.3%、「性別の巡り合わせ」29.9%、「今後計画している」29.9%、「経済的な理由」26.9%だった。

 1人目の出産前後で憧れる子どもの数の変化があったかを聞いたところ、64.4%が「変わらない」と回答。憧れの兄弟構成にはならなくても、子どもの数に満足している人が多いことがわかった。

 また、出産後に憧れる子どもの数が変わった人の中には、「3人なんて無理と思っていたが、保育園のほかの家庭を見てできるかもと思った」「産んでみると子どもがかわいくて、何人いてもいいと思えるようになった」など、出産後でないとわからない心境の変化を感じられるコメントが寄せられている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)