【夏休み2016】東京ミッドタウンイベント、キッズ向けも充実

趣味・娯楽 その他

夏の夜空を色鮮やかなひかり花火で彩るイルミネーション「サマーライトガーデン」
  • 夏の夜空を色鮮やかなひかり花火で彩るイルミネーション「サマーライトガーデン」
  • 夏の夜空を色鮮やかなひかり花火で彩るイルミネーション「サマーライトガーデン」
  • 「長岡まつり大花火大会」※イメージ
  • 「全国花火競技大会」※イメージ
  • 「土浦全国花火競技大会」※イメージ
  • 「サマーライトガーデン」ナイアガラ過去の様子
  • 「風鈴彩祭」
  • 「バカルディ ミッドパーク カフェ」
東京ミッドタウンでは7月15日から8月28日まで、夏の恒例イベント「ミッドタウン ラブズ サマー(MIDTOWN SUMMER)2016」を開催する。

「ミッドタウン ラブズ サマー」では、“日本の夏の涼を五感で愉しむ”をテーマに、花火、足水、風鈴といった日本の夏の風物詩を都心ならではのスタイルで体感できるイベントを多数用意。昨年初開催で好評を得た、夏の夜空を色鮮やかなひかり花火で彩るイルミネーション「サマーライトガーデン(SUMMER LIGHT GARDEN)」も実施。今年は、“日本三大花火大会”と言われる「長岡まつり大花火大会」、「全国花火競技大会(大曲の花火)」、「土浦全国花火競技大会(土浦の花火)」とコラボレートしたプログラムを、実施期間を分けて開催する。期間は「長岡まつり大花火大会」が7月15日から31日まで、「全国花火競技大会」が8月1日から14日まで、「土浦全国花火競技大会」が8月15日から28日まで。18時30分から23時までの時間、1時間に3回ずつ行われる。

今年で4回目となる「風鈴彩祭」も開催。北海道から沖縄まで日本各地の伝統的な素材や技術で作られた15種類の風鈴を館内に展示する。今年で400周年を迎える有田焼や南部鉄器などの伝統的工芸で作られた風鈴から、小樽ガラスや富山真鍮でできた風鈴まで様々な種類の風鈴が並ぶ。東京ミッドタウンの夏の定番とも言える「バカルディ ミッドパーク カフェ(BACARDI MIDPARK CAFE)」では、“世界NO.1のプレミアム ラム”バカルディの全面協力により、フレッシュミントをたっぷり使用した「バカルディ モヒート」や、モヒートを愛した文豪ヘミングウェイをモチーフにした「ビターモヒート」など様々なモヒートを提供する。また、日本三大花火の土地にちなんだ期間限定モヒートも登場。新潟県長岡市の伝統野菜の唐辛子「神楽南蛮」を使った「神楽南蛮(唐辛子)モヒート」(800円)、秋田県産のメロンの甘みをたっぷりの果肉で堪能できる「秋田県産メロンモヒート」(900円)、茨城県の「愛ちゃんトマト」を使った栄養満点の「茨城県産 トマトモヒート」(800円)の3種を用意した。「バカルディ8」に浸けこんだスペアリブやロティサリーフリフリチキン、タコライスなどのフードメニューも展開される。

その他、ミッドタウン・ガーデンを流れる小川に足を浸し、都心にいながら“夕涼み”を堪能できる「アシミズ(ASHIMIZU)」や7月22日には「六本木打ち水大作戦」も開催。キッズイベントとして、東京ミッドタウン各所のポイントを回遊するスタンプラリー「ぺたぺたはなび」の他、8月11日から14日まで“日本の夏の涼”をテーマに日替わりで様々なワークショップ「みんなでつくろう日本の夏」が開催。8月13日、14日はアサガオが咲き誇るミッドタウン・ガーデンにて親子で屋外スケッチを行う「Mid Green Project アサガオスケッチ教室」が行われる。7月30日から8月31日までは、美しい花々と先進的なクリティティブアートの融合が楽しめる「フラワーズ バイ ネイキッド(FLOWERS BY NAKED)」も同時開催される。“夏の魅惑の楽園”をテーマに五感で感じられる新感覚の体験型イベントとなっており、期間中は会場内に巨大なツリーや滝などが出現する予定だ。

【イベント情報】
「ミッドタウン ラブズ サマー 2016」
会場:東京ミッドタウン
住所:東京都港区赤坂9-7-1
会期:7月15日~8月28日

東京ミッドタウンの夏イベントで日本三大花火大会を体感。足水やキッズワークショップ、パークカフェなど充実

《HEW》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)