【夏休み2016】Hour of Codeプログラミング体験、全国100校1万人募集

教育・受験 小学生

Hour of Code夏休み全国100校1万人プログラミング
  • Hour of Code夏休み全国100校1万人プログラミング
  • Hour of Code夏休み全国100校1万人プログラミング
 みんなのコードでは、7月23日から8月31日の夏休み期間中、全国100校で1万人の子どもを対象にしたプログラミング体験会「Hour of Code 夏休み全国100校1万人プログラミング」を開催する。開催にあたり、夏休みに学校でプログラミング教室を開催する参加校を募集している。

 みんなのコードによると、2016年に2020年度からのプログラミング必修化予定が発表されたものの、現在の日本では都市部を中心としたプログラミング塾に通う子どもなど、限られた子どもにしかコンピューターに触れる機会が与えられていない。また、先生自身もプログラミングを子どもたちに一体どのように教えたらいいか戸惑っているという。

 プログラミング初心者の子どもたちや先生をおもな対象に、みんなのコードは夏休み期間中を利用した夏休みプログラミング体験会を実施する。実施会場は、全国の学校内のパソコン室など、プログラミング体験ができる場所。おもな対象は小学校だが、中学校、高校も応募できる。参加・開催費は無料。

 プログラミング体験会では、会場に現役エンジニアおよび学生ボランティアが派遣され、講師として子どもたちにプログラミングを教える。使用教材は、約1時間でプログラミングの基礎を体験し、学習できる「Code Studio」のHour of Code用コース。参加を希望する学校は、Webサイトの申込みフォームから申し込む。実施希望日は、7月23日から8月31日の間で希望できる。

 「Hour of Code」は、米国の非営利活動法人「Code.org」が展開する世界的なプログラミング教育推進運動。2013 年より行われており、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏、フェイスブック創業者マーク・ザッカーバーグ氏、米国オバマ大統領などが活動に賛同している。みんなのコードは、「Hour of Code」の日本認定パートナー団体。

◆Hour of Code 夏休み全国100校1万人プログラミング
期間:7月23日(土)~8月31日(水)※予定
参加費:無料
準備物:人数分のパソコンもしくはタブレット
申込み:みんなのコードWebサイトから行う
《池野サキ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)