白と黒、横浜にパンダのようなイロワケイルカがやってきた

 横浜・八景島シーパラダイスは6月10日より、白と黒の鮮やかな体色が特徴の「イロワケイルカ」、メスの「サクラ」とオスの「スカイ」を展示している。今後は「仙台うみの杜水族館」「鳥羽水族館」と連携し、イロワケイルカの継続的な繁殖に取り組む。

趣味・娯楽 その他
白と黒の鮮やかな体色が特徴の「イロワケイルカ」
  • 白と黒の鮮やかな体色が特徴の「イロワケイルカ」
  • 白と黒の鮮やかな体色が特徴の「イロワケイルカ」
  • メスの「サクラ」
  • オスの「スカイ」
 横浜・八景島シーパラダイスは6月10日より、白と黒の鮮やかな体色が特徴の「イロワケイルカ」、メスの「サクラ」とオスの「スカイ」を展示している。今後は「仙台うみの杜水族館」「鳥羽水族館」と連携し、イロワケイルカの継続的な繁殖に取り組む。

 現在、イロワケイルカの国内での展示は宮城の「仙台うみの杜水族館」と三重の「鳥羽水族館」で行われており、今回展示を開始する横浜・八景島シーパラダイスで3館目、関東では唯一の展示となる。

 今回やってきたイロワケイルカは、仙台うみの杜水族館からメスの「サクラ」5歳と、鳥羽水族館からオスの「スカイ」2歳の2頭。2館で繁殖に参加しないイロワケイルカ2頭を横浜・八景島シーパラダイスで健康に飼育管理し、将来的な繁殖への参加協力を模索していくという。

 イロワケイルカは「ドルフィンファンタジー」の円柱水槽で展示される。やわらかな陽光に包まれて、幻想的な海の中を活発に泳ぐ姿を観察できるほか、展示水槽の周りではイロワケイルカの生態や、繁殖の取組みについての解説も行われる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)