優秀校は奈良へ招待「高校生歴史フォーラム」9/7までレポート募集

教育・受験 高校生

第10回 全国高校生歴史フォーラム
  • 第10回 全国高校生歴史フォーラム
 奈良大学と奈良県は、全国の高校生に歴史・文化財・地理・文学を研究し、その真実を発見する楽しさを実感してもらうことを目的とした「第10回 全国高校生歴史フォーラム」を11月19日に開催するにあたり、9月7日まで高校生からの研究レポートを募集している。

 全国高校生歴史フォーラムは、「本当に歴史や地理を学ぶということは丸暗記ではなく、自分で疑問を見つけ、調べ、考え、真実を発見し、その意味を明らかにすること」をコンセプトに、奈良大学が「高大連携」の試みのひとつとして2007年度より実施している企画。2014年度からは奈良県と共催し、2016年度で10回目を迎える。

 フォーラムの開催にあたり、全国の高校生から「地域の歴史や地理、史跡・文化財、郷土の文学・作家などに関する研究レポート」を募集。レポートは、表紙を除きパソコン・ワープロでA4用紙5ページ以内(1枚1,600字)にまとめたものを提出する。

 厳正な審査のうえ、全国から集まった研究レポートの中から優れたレポートをまとめた高校を決定。優秀校の代表者を奈良へ招待し、11月19日に「第10回 全国高校生歴史フォーラム」の場で研究発表を行う。特に優秀な発表には「学長賞」や「知事賞」を授与するほか、フォーラム翌日には参加者を「古都・奈良の文化財を巡る見学ツアー」に案内する。

 研究レポートの応募受付はすでに開始されており、9月7日まで募集している。対象は高校生および高等専門学校3年生までの生徒で、個人でもグループでも応募可能。パソコンやワープロで作成した研究レポートを郵送にて提出する。レポートの審査結果は10月14日に奈良大学と奈良県「なら記紀・万葉」のホームページで発表予定。

 今年も身近な地域に眠る歴史を、高校生らしいオリジナリティー溢れる視点で掘り起こしてほしいとしている。

◆第10回 全国高校生歴史フォーラム
対象:高校生および高等専門学校3年生まで
応募方法:表紙と本文(A4用紙5ページ以内)のレポートを郵送で提出
応募締切:9月7日(水)当日消印有効
結果発表:10月14日(金)
フォーラム開催日:11月19日(土)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)