BETTとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

 BETTとは【ひとことで言うと】「年1回ロンドンで開催される、世界最大規模の教育ICT展示会」

教育ICT 先生
「Bett Show 2016」のようす(公式サイトより)
  • 「Bett Show 2016」のようす(公式サイトより)
  • 「Bett Show」公式サイトトップページ
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆BETTとは


【読み】ベット
【表記】British Educational Training and Technology
【分類】ハードウェア/ソフトウェア/インターネット
【ひとことで言うと】
「年1回ロンドンで開催される、世界最大規模の教育ICT展示会」
【解説】
 「BETT」(British Educational Training and Technology)は、世界最大規模の教育ICTに関する展示会だ。文字どおり英国で開催される。2016年の「Bett Show 2016」には900社近くが世界100か国以上から出展。来場者は3万4千人超だったという。

 2017年は、「Bett Show 2017」として、1月にロンドンで4日間にわたり開催される。マイクロソフトがワールドワイドパートナーを務めており、日本からは富士通などが出展予定。公式ウェブサイトからの事前登録または当日会場での登録で、チケットが入手可能。

【関連用語】EDIX、NEE
【最終更新日】2016年6月18日
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)