妖怪ウォッチ連覇、2位はあのキャラ…子どもの好きなキャラランキング2016

 バンダイは6月23日、子どもの好きなキャラクターに関する意識調査の結果を公表した。男女の総合1位は昨年に続き「妖怪ウォッチ」、2位は「それいけ!アンパンマン」。1年間に親がおもちゃ購入に使った平均額は1万円以上であることがわかった。

趣味・娯楽 小学生
 バンダイは6月23日、子どもの好きなキャラクターに関する意識調査の結果を公表した。2015年に続き、男女の総合1位は「妖怪ウォッチ」、2位は「それいけ!アンパンマン」。1年間に親が子どもの好きなキャラクターおもちゃ購入に使った平均額は、1万円以上であることがわかった。

 調査は、0歳~12歳の子どものいる親800人を対象に5月に実施。男女の総合1位は「妖怪ウォッチ」、2位は「それいけ!アンパンマン」、3位は「きかんしゃトーマス」、4位は「ドラえもん」、5位は「プリキュアシリーズ」となった。1位の「妖怪ウォッチ」は、2015年に続き1位獲得と安定の人気。2位のアンパンマンは、0.3ポイントの僅差で2015年と同位だった。また、2015年10位だった「きかんしゃトーマス」は、原作70周年の記念の年の影響もあってか2016年は3位に上昇。

 男女別・年齢別の好きなキャラクターは、男子0~2歳の1位は「きかんしゃトーマス」が約3割を占めた。「妖怪ウォッチ」は男子の6~8歳、9歳~12歳で1位。女子0~2歳の1位は「それいけ!アンパンマン」で、4割を超える高い支持を集めた。女子の3~5歳、6~8歳の1位は「プリキュアシリーズ」、9~12歳は雑貨を中心に展開する「すみっコぐらし」が1位となった。

 過去1年間に、親が子どものもっとも好きなキャラクターのために使用したお金の平均は1万520円で、2015年と比較して615円減少した。もっとも多いのは1万円~3万円未満で27.2%、ついで5,000円~1万円未満が25.1%。

 もっとも使用した金額が高かったのは、1位が「おもちゃ」、ついで、「ゲームソフト」「服飾・装飾品」と続いた。バンダイによると、2015年に比べて高価格帯のゲームソフトの割合が減少し、服飾・装飾品の割合が増えたために平均金額が減少したとみている。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)