第4回「心に残る給食の思い出」作文コンクール、7/1応募受付開始

 日本給食サービス協会は、小学校4年生から6年生を対象にした第4回「心に残る給食の思い出」作文コンクールを実施する。毎日の給食を通して気づき、学んだことを作文にまとめ、400字詰め原稿用紙3枚以内で応募する。

生活・健康 小学生
 日本給食サービス協会は、小学校4年生から6年生を対象にした第4回「心に残る給食の思い出」作文コンクールを実施する。毎日の給食を通して気づき、学んだことを作文にまとめ、400字詰め原稿用紙3枚以内で応募する。募集期間は7月1日から9月16日まで。

 「心に残る給食の思い出」作文コンクールでは、毎日の給食を通して気づき、学んだ「食と食事習慣の大切さ」や作り手・生産者への感謝の気持ち、農林水産業の重要性などについて自分の言葉でまとめた作文を募集する。

 応募作品は、400字詰め原稿用紙3枚以内であること。7月1日から9月16日まで作品を募集し、作文コンクール審査委員会の審査のうえ受賞作品を決定する。審査結果は12月に公表される予定。応募詳細は、日本給食サービス協会Webサイトで確認できる。Webサイトでは、作品応募の際に利用できる400字詰め原稿用紙もダウンロード可能。

 「心に残る給食の思い出」作文コンクールは、毎日の給食の作り手たちの思いを込め、子どもたちの豊かな人間性を築く機会となることを目指して毎年実施されているコンクール。2016年からは文部科学省、農林水産省、全国都道府県教育委員会連合会、全国市町村教育委員会連合会、全国連合小学校長会の後援に加え、全国学校栄養士協議会も後援に加わった。

◆第4回「心に残る給食の思い出」作文コンクール
募集期間:7月1日(金)~9月16日(金)
応募資格:小学校4年生~6年生
応募作品:400字詰め原稿用紙3枚以内
審査公表:12月に日本給食サービス協会Webサイトで公表予定
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)