超小型PCラズベリーパイを使った電子工作室、大阪9/22

教育ICT 小学生

東京開催時の子どもたちの発表風景
  • 東京開催時の子どもたちの発表風景
  • 東京開催時の電子工作室の風景
  • 電子工作室イメージ
 9月22日、みらいスクールが運営する子ども向けの学び体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)」のワークショップにて、超小型PCラズベリーパイを使用する電子工作室を大阪市のシェアウィズ本社で開催する。対象は小学2年生から6年生で、親子で参加可能。

 今回開催されるラズベリーパイの電子工作室では、話題の超小型PC「ラズベリーパイ3」とセンサー機器の「なのぼ~ど」を使用し、PCの組立体験や「Scratch(スクラッチ)」を利用したプログラミング体験、センサーを利用した電子工作体験など、これらを複合した自分のオリジナルゲーム作りを親子で体験できる。

 参加時にはワークショップで使用するラズベリーパイ3とセンサーボード(1組税別16,000円)の購入が必要。ワークショップ後はラズベリーパイ3とセンサーボードを持ち帰りできるため、家庭でさらにプログラミングし、遊ぶことができる。

 みらいスクールが提供するGifte!では、ふだんは体験できない本物の活動を通じ、子どもの創造力や論理的思考力、プログラミング力を高める体験を提供している。これまでは首都圏限定でのワークショップ開催だったが、今回のシェアウィズと協働しての大阪市での開催は、首都圏以外では初の試みとなる。

◆ラズベリーパイの電子工作室!
日時:9月22日(木・祝)9:30~11:30/13:00~15:00
会場:シェアウィズオフィス(大阪市中央区島之内1-17-12 長堀橋第25松屋ビル2階)
対象:小学2年生から6年生
定員:各回7組(1組は子ども1人、大人1人)
申込方法:Webサイトのフォームに必要事項を記入のうえ申し込む
参加費:無料※当日使用するラズベリーパイ3とセンサーボード1組16,000円(税別)は購入が必要
当日のプログラム:ラズパイで「だるまさんがころんだ」鬼が音も光もキャッチ
1、ラズベリーパイのセットアップ
2、Scrachでネコの動きをプログラミング
3、音センサーで「だるまさんがころんだ」(音に反応、画面のネコと連動)
4、光センサーで「対戦:だるまさんがころんだ」
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)