二大肉食恐竜を展示「恐竜博2016」大阪9/17-1/9

教育イベント 小学生

恐竜博2016 メインビジュアル
  • 恐竜博2016 メインビジュアル
  • スピノサウルスの全身復元骨格 Courtesy of The University of Chicago / photo by Mike Hettwer
  • スピノサウルス復元画 (c) Davide Bonadonna
  • カスモサウルスの赤ちゃん実物化石 所蔵:アルバータ大学(カナダ) Photographed by John Ulan, (c) University of Alberta, Faculty of Science.
  • 恐竜博2016
 大阪文化館・天保山では9月17日から2017年1月9日まで、「恐竜博2016」が開催される。前売り券は9月16日まで、一般1,300円、大学生・高校生800円、中学生・小学生600円(いずれも税込)で発売している。未就学児は入場無料。

 「恐竜博2016」は現在、北九州市立いのちのたび博物館で9月4日まで開催されている。春に東京の国立博物館で開催された「恐竜博2016」には、50万人が来場したという。9月17日からの大阪での開催も、東京の内容をそのままに、さらに体感型の楽しめる展示を加えて行われる。

 展示の目玉となるのは、史上もっとも巨大に進化した二大肉食恐竜「スピノサウルス」と「ティラノサウルス」。最新研究にもとづいたスピノサウルスの全身復元骨格が国内初公開されるほか、これまでに発掘されたティラノサウルスの中でも最大級の大きさを誇る「スコッティ」の全身復元骨格が初来日し、二大肉食恐竜が並び立つ。二頭の歯の形状はまったく違い、その形状を触って感じることができる展示も用意されている。

 さらに、「パラサウロロフス」と「カスモサウルス」の赤ちゃんの全身格化石も初来日。幼い時の骨は小さくもろいため化石として残りにくく、それぞれ世界でまだ一体ずつしか発見されていない、大変貴重なものだという。

 ほかにも、2014年にロシアのシベリアから報告された新種の羽毛恐竜「クリンダドロメウス」の化石標本(複製)や全身復元骨格、2015年に初めて復元されたばかりの「チレサウルス」の全身復元骨格などが日本で初めて公開される。

 大阪で開催される「恐竜博2016」では、東京での開催と同じように「ナイトミュージアム」や「謎解きミュージアム」も開催。さらに開催期間中、展示室内で視聴できる動画や、出口での記念撮影などができるARを使った体感型のコンテンツが用意されている。

◆恐竜博2016
会期:2016年9月17日(土)~2017年1月9日(月・祝) ※休館日なし
開館時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
会場:大阪文化館・天保山(海遊館となり)
観覧料(いずれも税込)
【前売り】一般1,300円、大学生・高校生800円、中学生・小学生600円
【当日】一般1,500円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生800円
※未就学児入場無料
※前売りは9月16日(金)まで発売
※このほか、フィギュアセット券やレゴランド・ディスカバリーセンター大阪コンボチケット、企画チケットなどを発売している
チケット発売場所:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、セブンチケット、公式オンラインチケットほか
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)