カロリーメイトゼリー自主回収、一部にカビ混入

生活・健康 その他

 大塚製薬は11月7日、「カロリーメイトゼリー」を自主回収すると発表した。商品の一部にカビが混入していることがわかり、万全を期した対応を取る。該当商品はカロリーメイトゼリーのアップル味、ライム&グレープフルーツ味、フルーティ ミルク味と、ジョグメイトプロテインゼリーの4種。

 未開封の商品が膨張しているとの指摘を受け調査した結果、商品の一部にカビが混入していることが判明。これまでに健康に影響を及ぼしたとする報告はないが、対象の商品を自主回収する考え。

 該当商品は4種類。手元にある場合は、大塚製薬回収受付窓口に連絡すること。商品を引き取られたのち、後日商品券(QUOカード)が郵送される。連絡は「大塚製薬回収受付ご登録フォーム」でも受け付けている。ネットでは、多忙な朝にカロリーメイトゼリーを朝食代わりにしていたとする高校生、大学生による驚きの声もあがっている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)