【パパブログ01】趣味はすてき、家族と楽しめたらもっとすてき

趣味・娯楽 未就学児

まだまだ触るだけ
  • まだまだ触るだけ
  • スタジオのドラムセットで遊ぶ
 リセマム読者のみなさま、初めまして。子育て真っ盛り、日々奮闘中のみなさんに向けて、これから数回にわたってブログを書くことになりました。41歳2児の父、ふとっちょパパです。どうぞよろしくお付き合いください。このブログを通して、日々の生活で感じるさまざまなことをみなさんと共感できたらうれしいです。

 さて早速ですが、みなさんの「趣味」ってなんですか? 子育てが始まるとどうしたって新しい家族に時間を割くことになりますよね。たとえば学生時代から続けていた趣味も「一時停止」なんてことはよくある話。でも趣味って、日常からちょっと離れて気晴らしができたりします。趣味も仕事も充実していたら、気持ちも充実して家族ともっといい時間を過ごせるに違いありません。そう、趣味は大事なんです!

 我が家ではそんな大人たちの趣味を、子どもと一緒に楽しめないかいろいろ工夫しています。たとえば筆者の趣味は音楽です。近所の仲間とバンドを組んで数か月に一度、ライブハウスのイベントで演奏しています。ちなみにパートはベースで、ウッドベースを弾いています。長いあいだ音楽を趣味としてきましたが、そのおかげで音楽は人生の糧といってもよい存在です。

 そんな筆者は長男が2歳の時に「我が家の音楽教育担当」を拝命したのですが、最初は大変でした。音楽は「合わせる」ことが多いのですが、2歳くらいだとまだその感覚がありません。ドラムセットもでたらめにたたくだけ。それでも十分楽しそうでしたが、一緒にリズムを合わせようと思ってもできないし、演奏するというより楽器で遊んでいる感じでした。

 でもそこであきらめてしまっては、「音楽教育担当」失格です(笑)。もちろん最初から上手な人なんてめったにいませんし、自分だってそうだったはず。ここはひとつ「長期的な作戦」に切り替え、いくつかにポイントを絞って作戦を開始しました。

 この作戦はいまのところ4年目を迎えていますが、今年の夏には地元のあるイベントで息子と一緒にステージで演奏するという機会に恵まれました。次回はこの作戦を詳しくお伝えしていこうと思います。お楽しみに!

工藤崇史
ちょっと太め、ぼうず頭の40代、二児の父です。妻とともに一男一女の子育てに奮闘中。趣味でロックバンドのベース(ウッドベース)やってます。家族と過ごす時間をどう楽しくするのかいろいろ試行錯誤してます!
《工藤崇史》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)