SIA「誹謗中傷ホットライン」設立…被害者・プロバイダ支援

 セーファーインターネット協会(SIA)は2020年6月4日、社会のインフラとなっているインターネットをより一層安心して使えるように、誹謗中傷情報についての相談を受けるタスクフォース「誹謗中傷ホットライン」を6月末までに立ち上げることを公表した。

デジタル生活 中学生
セーファーインターネット協会
  • セーファーインターネット協会
  • セーフラインについて
 セーファーインターネット協会(SIA)は2020年6月4日、社会のインフラとなっているインターネットをより一層安心して使えるように、誹謗中傷情報についての相談を受けるタスクフォース「誹謗中傷ホットライン」を6月末までに立ち上げることを公表した。

 SIAは、インターネットの悪用を抑え自由なインターネット環境を守るために、統計を用いた科学的アプローチ、数値化した効果検証スキームを通して、悪用に対する実効的な対策を立案し実行していく団体。

 今般、SNSでの誹謗中傷の書き込みが原因とされる痛ましい出来事が日本中に大きなショックを与えた。同時に、SNSに書き込まれる誹謗中傷が大きな社会問題となり、国や企業、支援団体などが再発防止に向けさまざまな取組みを強化している。

 SIAは、警察庁からの受託事業である「ホットラインセンター」の運営を担ってきたほか、関係省庁と連携しつつ「児童ポルノ」「リベンジポルノ」「いじめ行為」など、立場の弱い個人に対する権利侵害情報への対応を進めてきた。今回、「誹謗中傷情報」についても、タスクフォースを立ち上げ、準備ができ次第、相談の受付けを開始することを決定。今後、実際の相談対応を通して、状況を把握・分析し、外部有識者も交えた、継続的な活動に繋げていく。

 また、投稿の削除や発信者情報の開示に関しては、被害者の救済と表現の自由・通信の秘密のバランスの取れた判断が必要となる。そのため、第三者機関として、対応に苦慮しているプロバイダーからの相談に応じ、削除や任意開示の促進に寄与していく役割も担っていくという。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)