【センター試験2017】志望校判定システム「Compass」1/19公開

教育・受験 高校生

志望校判定システム「Compass」
  • 志望校判定システム「Compass」
  • 出願校検討シート
 ベネッセコーポレーションが運営する高校生の進路・進学を応援するサイト「マナビジョン」は11月18日、センター試験の自己採点結果を入力すると志望校の合格可能性がわかる志望校判定システム「Compass」のWebサイトを公開した。2017年1月19日にダウンロード開始予定。

 志望校判定システム「Compass」は、センター試験の自己採点結果と志望校を設定すると、A~Eの5段階で合格可能性を判定ができる。各大学・学部の傾斜配点に則った判定が出るので信頼度の高いデータを得られるという。

 利用するには、ソフトをダウンロードして自分のパソコンにインストールする。インターネット上に自己採点結果や志望校を入力する必要がなく、情報が漏れる心配がない。

 また、Webサイトでは、志望校の判定や出願に対する自分の気持ちなど書込み、先生との面談時に使える「出願校検討シート」をPDFで提供しているほか、Compassを利用した先輩の声も掲載している。

 2017年度(平成29年度)センター試験の本試験は平成29年1月14日および15日に実施する。追試験・再試験は1月21日および22日に実施し、得点調整の実施有無は1月20日に発表する。平均点等の中間発表は1月18日、最終発表が2月2日の予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)