【中学受験2017】4月開校の大阪府立富田林中学校、志願倍率5.03倍

教育・受験 小学生

大阪府立富田林中学校の志願者数
  • 大阪府立富田林中学校の志願者数
  • 各適性検査の出題方針
 大阪府教育委員会は1月7日、平成29年度(2017年度)府立富田林中学校の入学者選抜の志願者数を公表した。募集人員120人に対して志願者数は603人、志願倍率は5.03倍となった。富田林中学校は平成29年4月より、府立富田林高校との併設型中高一貫校として開校する。

 富田林中学校では、グローバルな視野とコミュニケーション力、論理的思考力と課題発見・解決能力、社会貢献意識と地域愛という3つの資質能力の育成を目指す併設型中高一貫校。「思考力・判断力・表現力」を一層重視するとされる2020年大学入試に向けた学習活動に、中学1年生から取り組む。

 初年度となる平成29年度は、募集人員120人に対して男子志願者数274人、女子志願者数329人の計603人が志願。志願書の提出締切りである1月6日午後4時時点で、志願倍率は5.03倍となった。

 入学者選抜は1月21日、適性検査(国語的問題、社会・理科融合的問題、算数的問題)と作文を実施。合格者の発表は1月28日午前10時から11時まで、富田林中学校にて合格者の受験番号が掲示される。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)