学習室利用状況をお知らせ、栃木県立図書館Facebookスタート

教育・受験 高校生

栃木県立図書館Facebookページ(イメージ)
  • 栃木県立図書館Facebookページ(イメージ)
  • 栃木県立図書館 Facebookに関するお知らせ(QRコード付き)
  • 栃木県立図書館 FacebookのQRコード
  • 栃木県立図書館
 栃木県立図書館は1月18日、Facebookで公式ページの正式運用を開始した。図書館サービスの紹介のほか、各種企画展・イベントの案内、新着図書の紹介、学習室の利用状況の告知などを行う。

 栃木県立図書館は、県内公共図書館最多の約72万冊の図書資料を所蔵しているという。特に、栃木県に関する地域資料の収集に注力しており、明治時代から収集してきた蔵書数は約8万3千冊にのぼる。

 Facebookの運用方針は、積極的な情報発信を行うことで、「“とちぎ”のことなら何でもわかる図書館」として、より多くの県民から親しまれる図書館を目指すこと。県立図書館で実施しているおもな図書館サービスや企画展、イベント情報を発信していくという。

 なお、栃木県立図書館では1月の企画展として「『山・鉾・屋台行事』に触れる~ユネスコ無形文化遺産登録を記念して~」「船村徹氏 文化勲章受章決定!! 」「世界の絵本 原書と邦訳」を開催しており、これらの情報も発信。また今後、夏休み・冬休み期間などには、学習室の利用状況の告知も行うという。

 学習室ともなれば、調べ物をする受験生も利用する場合があるだろう。栃木県の県立高等学校の入学者選抜は、2月20日・21日に願書を受け付け、23日・24日に出願変更期間を設ける。学力検査は3月6日。3月10日には合格発表が控えている。学習室ほか、県立図書館の施設詳細はWebサイトで確認できる。
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)