【中学受験の塾選び】浜学園の特徴と費用、塾活用ポイント(2017年度版)

教育・受験 小学生

浜学園
  • 浜学園
  • 年間にかかる費用
 中学受験に向けた塾選びの参考として、大手人気塾5校(サピックス小学部・日能研・早稲田アカデミー・四谷大塚・浜学園)の特徴や費用をまとめた。中学受験で成功するための塾選びと活用のポイントは、中学受験 個別指導のSS-1に聞いた。今回は浜学園について見ていこう。

◆指導の特徴

 年間の学習内容が掲載された学習計画表に基づき、徹底した復習主義をとっている。毎回の授業で前回の授業内容から出題される復習テストを実施することにより、到達度や弱点分野を自分自身で確認できる。関西一円の多くの難関校に日本一の合格実績がある。

◆クラス分けと1クラスの人数

 2か月に1度、復習テスト(毎回授業で実施)と公開学力テスト(月1回実施)の総合成績でクラス替えを実施。1クラスは30人未満で編成している。

◆年間にかかる費用とカリキュラム

 マスターコース(国・私立中学受験コース)4科で最難関校を目指す通塾生をモデルとした費用(税込)は、4年生が614,340円、5年生が937,590円、6年生が1,271,140円(詳細は費用一覧参照)。なお、費用には、特別講習費とテスト費、各種プリント・資料代、施設費等が含まれる。テキスト代は別途費用が必要。

◆塾選びと活用のポイント(SS-1西宮北口教室室長 理科講師 渡辺智哉先生)

 6年生の平常授業における演習量は他塾と比べて大きな差はないが、講座数が多く、すべてを受講すると膨大な量になるので、取捨選択が必要となる。演習内容は、解法テクニックの習得が中心。最難関志望の場合は、2月から入試レベルの演習に取り組み、下半期に入る頃には、入試問題に取り組める状態になっておく必要がある。合格実績に敏感で、ここ2~3年でも大阪星光、東大寺コースにおける社会科受講の積極的な誘導や、浜学園の弱点と言われていた国語記述対策を行う講座の開設など、最近は即座に手を打っている印象を受ける。

 平常授業だけで完結する塾ではないため、平常と各講座の課題を回すことのできる学習習慣を身に付けていく必要がある。塾に任せっ放しにするのではなく、志望校合格に必要な演習内容を把握して学習に取り組むなど、短期目標だけでなく長期目標からも逆算できる子にとっては、魅力的な学習環境だ。逆に、お子さんの自律した学習が難しく、なおかつ家庭でのサポート体制が不十分な場合は塾の活用が難しいかもしれない。

 解法を中心とした授業内容なので、深い理解ができていなくても、6年生までは公開や復習テストで、ある程度点数が取れてしまう。そのようなお子さんの場合、新6年生の2月以降、解法の手順が増えて難度が上がってくると、急激に偏差値が下がるケースが少なくない。新6年生の2月までに、応用力に繋がる学習習慣を確立し、2月以降、適切な講座選択を行い、ペースメイクしてあげる必要がある。近年、新講座の開設が目立つため、取捨選択をより丁寧に行うとよいだろう。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)