U-22プログラミングコンテスト2017、小学生部門を新設

教育イベント 小学生

U-22プログラミング・コンテスト小学生部門
  • U-22プログラミング・コンテスト小学生部門
  • U-22プログラミング・コンテスト
 22歳以下を対象とした「U-22プログラミング・コンテスト」に2017年より「小学生部門」が新設された。応募要領を公開し、2017年版公式Webサイトもオープン。応募受付は7月3日から8月24日。小学生部門は8月17日まで。10月1日の最終審査会は、ニコニコ生放送にて配信される。

 「U-22プログラミング・コンテスト」は、1980年より経済産業省の主催により、優れた才能を持ったイノベイティブな IT 人材の発掘と育成、アイデアに富んだソフトウェア開発に取り組む人材の発掘を目的として開催されてきた。2014年以降は「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」が主催。

 「U-22プログラミング・コンテスト」はこれまで、22歳以下を対象とする枠のみであったが、2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることなどを踏まえ、プログラミングを学び始めた12歳以下の児童を対象とする「小学生部門」を新設した。

 U-22では、プロダクト、テクノロジー、アイデアを評価していたが、新設された「小学生部門」では、アイデアや制作動機などを中心に評価する。どちらの部門も、ジャンルやプログラミング言語は問わない。ユニークな発想やこれまでに培ってきた技術力を生かした、未発表または2016年9月1日以降に発表したオリジナル作品を募集する。

 応募受付期間は7月3日から8月24日(小学生部門は8月17日)。8月から9月に開催される事前審査、一次審査を通過したものは、10月1日に行われる最終審査会に進出する。当日のようすは、ニコニコ生放送にて配信予定。

◆U-22プログラミング・コンテスト2017
参加資格:国内に居住する1995年4月2日以降に生まれた方(小学生部門は12歳以下の児童)
募集内容:未発表または2016年9月1日以降に発表したオリジナル作品
募集受付期間:2017年7月3日(月)~8月24日(木)17:00時必着(小学生部門は8月17日)
申込方法:ネットワークストレージまたは郵送
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)