サンライズ、授業料免除&月10万円奨励金でアニメーター育成

教育・受験 高校生

サンライズ作画塾
  • サンライズ作画塾
アニメ制作会社のサンライズはアニメーター育成プログラム「サンライズ作画塾」の2018年4月開設を発表した。2005年度から2011年度まで行っていた作画実習プログラム「若木塾」が新たな形で復活することになった。

「サンライズ作画塾」は1年間の実習期間を通じて基本スキルを身に付けて、本番の仕事にも通用するアニメーターを育てるプログラムである。実習後はサンライズ専属のアニメーターとして働く場が用意される。
主任講師は多くのアニメで監督やキャラクターデザインを務めているスタジオ・ライブの神志那弘志が担当。講師は同スタジオの現役アニメーターと演出家が務める。

授業料は免除されており、生活の援助を目的として月額10万円の奨励金制度を設ける予定だ。新人アニメーターは賃金面で苦労することが多いと言われている。生活費の心配なく技術習得に集中できるのは大きな利点だろう。
サンライズは開設の目的について、アニメーターの人材不足を挙げている。今後も質の高い作品を製作し続けるためにはアニメーターの育成が欠かせないため、育成プログラムの復活を決定した。

「サンライズ作画塾」の実習期間は2018年4月から2019年3月まで。実習日時は平日の10時から18時までとなっている。応募資格は2018年3月に高等学校を卒業見込みの人、または高等学校以上を卒業しており18歳から25歳までの人。外国籍の場合は日常会話レベル以上の日本語が話せることが条件となる。募集人数は10名前後を予定している。
書類締切は7月25日まで。書類選考、実技・面接試験を経て8月下旬に合格者が決定する。詳細はサンライズ作画塾の特設ページを確認してほしい。

「サンライズ作画塾」
実習期間:2018年4月~2019年3月までの1年間
実習日時:毎週月曜~金曜(土日祝日年末年始・お盆はお休み)10時~18時
授業料:原則として免除 奨励金:月額10万円の奨励金制度有り(条件付き贈与)
募集人数:10名前後(予定)
募集締切:2017年7月25日(火) 書類提出締切(必着)

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]

「サンライズ作画塾」2018年4月開設 授業料免除、奨励金制度有のアニメーター育成プログラム

《高橋克則》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)