IchigoJamにlittleBits、Scratchも…仙台にプログラミング教室開校

デジタル生活 小学生

Scratch(スクラッチ)
  • Scratch(スクラッチ)
  • IchigoJam(イチゴジャム)
  • 「コンパス・プログラミングスクール」が宮城県仙台市に8月開校(画像はイメージ)
  • Strawbees(ストロービーズ)
  • Strawbees(ストロービーズ)
 全国に拡大しつつある、プログラミング教室の新規開校。宮城県仙台市内の起業家らが立ち上げた「マジカルコンパス」は、8月に同市内太白区長町に「ComPath Programming School(コンパスプログラミングスクール)」を開校する。開校前には、タミヤロボットスクールの体験イベントも実施予定。

 マジカルコンパスは、仙台市内の情報サービス、ICT教育、建設業に携わる起業家らが設立した一般社団法人。8月に開校する教室では、Scratch(スクラッチ)、littleBits(リトルビッツ)、IchigoJam(イチゴジャム)、Strawbees(ストロービーズ)などを使ったSTEM・STEAM教育事業などの学習事業を手がける。2018年4月には、ナチュラルスタイルとタミヤが共同開発したスクールカリキュラム「タミヤロボットスクール」も開講予定。

 教室の開校を前に、6月17日にはコンパスプログラミングスクールでの「タミヤロボットスクール 先行テスト体験会 vol.1」を実施予定。子どもパソコン「IchigoJam」でBASIC言語によるプログラミングを学び、ロボットを思い通りに動かす基礎を体験できる。開催は午前10時半から正午までの午前の回と、午後1時から2時半までの午後の回の2回。定員は各回5名。1人あたり1,000円で参加できる。詳細はマジカルコンパスのWebサイトから確認すること。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)