三菱みなとみらい技術館「はたらくのりもの」大集合6/21-7/10

趣味・娯楽 その他

Nゲージのジオラマ走行展示のイメージ
  • Nゲージのジオラマ走行展示のイメージ
  • 開催プログラム一覧
  • 三菱みなとみらい技術館
 三菱みなとみらい技術館は、6月21日~7月10日まで企画展「はたらくのりものコレクション~見て・聞いて・体験して楽しめる はたらくのりもの~」を開催する。さまざまな種類の乗り物を展示するほか、体験企画やトークショーが行われる。

 「はたらくのりものコレクション」は、未来を担う子どもたちに、人びとの暮らしを支え役立っているさまざまな乗り物の役割や機能を、展示や体験、トークイベントなどを通して紹介する企画展。合わせて日本の優れた産業技術についても伝える。

 展示プログラムでは、「新型バスのエンジン」「みなとみらい線ができるまで」「トミカはたらくクルマタワー」など、各業界企業や団体の協力のもとさまざまな展示が行われる。「力持ちののりもの」では、ニチユ三菱フォークリフトや日本キャタピラーの協力によりフォークリフトや油圧ショベル、運搬車(ターレー:ターレットトラック)などの実物を展示。東京都市大学鉄道研究部の協力による「Nゲージ&ジオラマ」では、走行展示のほか土日は操作体験も実施する。

 会期中は、体験プログラムとしてトミカのはたらくクルマで遊べるコーナー「トミカであそぼう!」を全日実施。6月21日~7月2日には、人力発電で動くミニ北陸新幹線の乗車体験を行う。トークショーは、電車やバスに関する3つのプログラムを予定。6月24日にはトラック・バスのデザインが決まるプロセスをわかりやすく伝える「トラック・バスのデザイナー」を、7月2日には、みなとみらい線の安全かつスムーズな運行を支える仕事について紹介する「電車で働く人」を、それぞれ午前・午後の2回開催する。

 また、「はたらくのりものコレクション」の開催を記念して、原鉄道模型博物館とのコラボ企画を実施。相互館チケット提示で入館料が割引になるほか、原鉄道模型博物館の横浜ジオラマに隠れている「テクノくん」を探して写真を撮り、三菱みなとみらい技術館の受付で提示するとノベルティーをプレゼントする。

 企画展は観覧無料。三菱みなとみらい技術館の入館料のみで見ることができる。詳細は随時Webサイトに更新される予定。

◆企画展 「はたらくのりものコレクション」
会期:2017年6月21日(水)~7月10日(月)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週火曜日(会期中の休館日:6月27日、7月4日)
会場:三菱みなとみらい技術館
観覧料:無料(別途入館料は必要)
入館料:大人500円、中学・高校生300円、小学生200円、未就学児無料

【体験プログラム】
内容:ミニ北陸新幹線
日程:2017年6月21日(水)~7月2日(日)

内容:地震体験車
日程:2017年7月8日(土)

内容:はたらくのりものクイズ大会
日程:2017年6月24日(土)、7月2日(日)、7月9(日)

内容:トミカであそぼう!
日程:全会期

【トークショー】
テーマ:トラック・バスのデザイナー
日程:2017年6月24日(土)11:00~11:45、13:00~13:45

テーマ:電車で働く人
日程:2017年7月2日(日)11:00~11:45、13:00~13:45

テーマ:電車ってどうしてできたのかな?
日程:2017年7月9日(日)11:00~11:45、13:00~13:45
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)