12歳のサッカー選手64人が国際交流、選手がJFAハウスを訪問

教育イベント 小学生

サッカーを通じた国際青少年交流プログラム参加選手がJFAハウスを訪問
  • サッカーを通じた国際青少年交流プログラム参加選手がJFAハウスを訪問
  • サッカーを通じた国際青少年交流プログラム参加選手がJFAハウスを訪問
サッカーを通じた国際青少年交流プログラム「第5回フットボール・フォー・フレンドシップ(Football for Friendship / F4F)」の一環として6月25日(日)、参加選手とヤングジャーナリストが東京都文京区のJFAハウスを訪問した。

ロシアのサンクトペテルブルクで6月26日(月)から7月3日(月)まで行われるサッカーを通じた国際青少年交流プロジェクト「フットボール・フォー・フレンドシップ」に参加する選手とヤングジャーナリストが、JFAハウスで日本サッカー協会関係者へのインタビューを行った。

インタビューは、プロジェクトの基本精神である友情、平等、スポーツマンシップ、健康、平和、熱意、勝利、伝統、リスペクトの9つの価値観を世界に広めるための意見をまとめることを目的に実施。すべての参加国で同様の催しが行われ、日本では日本サッカー協会 理事・女子委員長の今井純子氏、日本サッカー協会 グラスルーツ推進部部長の松田薫二氏、他1名がインタビューに参加した。

3人は、参加選手としてサンクトペテルブルクに渡航する中原選手に向けて「色々な国の人に自分から積極的に声を掛けて、たくさんの友人を作ってきてください」「失敗を恐れず、楽しんでいるイメージを持ってチャレンジしてきてください」といったエールを贈った。

中原選手とヤングジャーナリストは、FIFAコンフェデレーションズカップが行われているロシア・サンクトペテルブルクに向け、日本を6月26日(月)に出発。中原選手は日本、アメリカ合衆国、フィンランド、ベトナム、ルーマニア、ノルウェー、セルビア、ウズベキスタンの国籍混合チームにDFとして参加する。

フットボール・フォー・フレンドシップ期間中は、4大陸・64カ国から集まった12歳のサッカー選手64人が国籍混合チームでトレーニングキャンプとトーナメントを行う。

サッカーを通じた国際青少年交流プログラム参加選手がJFAハウスを訪問

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)