【夏休み2017】足立・隅田川など都内の花火大会、地下鉄・鉄道で臨時列車運行

趣味・娯楽 その他

東京都交通局「平成29年度 花火大会に伴う臨時列車の運行等について」(画像はイメージ)
  • 東京都交通局「平成29年度 花火大会に伴う臨時列車の運行等について」(画像はイメージ)
  • 第39回 足立の花火
  • 第40回 隅田川花火大会
  • 第58回 いたばし花火大会
  • 第42回 江戸川区花火大会
 東京都交通局は7月11日、平成29年度(2017年度)の花火大会に伴う臨時列車の運行などについて公開した。7月22日の「第39回 足立の花火」、7月29日の「第40回 隅田川花火大会」、8月5日の「第58回 いたばし花火大会」と「第42回 江戸川区花火大会に伴い、一部の時間帯・路線で臨時列車の運転や臨時停車を行う。

 東京交通局は、早いところで7月22日(土)から行われる都内の花火大会にあわせ、都営地下鉄および日暮里・舎人ライナーにおいて臨時列車の運行や臨時停車を行う。

 7月22日(土)の「第39回 足立の花火」では、日暮里・舎人ライナーにおいて日暮里駅発見沼代親水公園駅行31本、見沼代親水公園駅発日暮里駅行31本、計62本の臨時運転を予定。時間は午後4時から10時台まで。花火会場の最寄り駅は足立小台駅。打上げ時間は午後7時半から8時半の予定。打上げ数は約1万2,000発。

 7月29日(土)の「第40回 隅田川花火大会」では、浅草線において西馬込駅発押上駅行、浅草橋駅発押上駅行、押上駅発西馬込駅行など計15本で臨時運転を実施。東日本橋駅発(京成線方面)午後3時53分から6時33分までのエアポート快特9本を、アクセス特急または快速特急に変更し、東日本橋駅から押上駅間は各駅に停車する臨時停車も実施予定。会場最寄り駅は蔵前駅、浅草駅、本所吾妻橋駅の3駅。打上げ時間は午後7時5分から8時半まで。打上げ数は約2万2,000発。

 8月5日(土)の「第58回 いたばし花火大会」では、三田線において計8本の臨時運転を行う。対象は午後6時台の御成門駅発高島平駅行と、午後9時から22時台の高島平駅発白金高輪駅行、高島平駅発御成門駅行。同じく同日の「第42回 江戸川区花火大会」では、新宿線において大島駅発本八幡駅行は午後6時台、8時台から10時台においては本八幡駅発新宿駅行で計10本の臨時運転を行う。新宿駅発午後3時20分から5時20分までの急行本八幡行きは、篠崎駅に臨時停車する。会場最寄り駅は篠崎駅。打上げ時間は午後7時15分から8時半まで。打上げ数は約1万3,000発。

 なお、8月20日(日)の「2017 神宮外苑花火大会」では大江戸線の臨時列車運転は予定されていない。このほか、東京都交通局は各花火大会に伴う臨時列車情報を公開している。詳細はすべて、東京都交通局のWebサイトで閲覧できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)