10/1は「都民の日」動物園・美術館など施設無料&記念行事

生活・健康 その他

東京都生活文化局
  • 東京都生活文化局
  • 都民の日 入園料・観覧料が無料となる施設(一覧)
  • 都民の日 施設利用料が無料となる施設および記念行事
 東京都は10月1日を「都民の日」と定め、都が運営する施設の無料開放や記念行事を実施する。2017年は、20施設の入園料や使用料などが無料となり、6施設で記念行事が行われる。Webサイトでは該当施設を一覧で紹介している。

 東京都は、自治の大切さを自覚し都民の福祉増進を図ることを目的に毎年10月1日を「都民の日」と定めており、休校になる学校も多い。「都民の日」を記念して、浜離宮恩賜庭園や六義園などの都立公園のほか、葛西臨海水族園、恩賜上野動物園、井の頭自然文化園などの都立動植物園、東京都写真美術館や東京都美術館といった都立文化施設、あわせて19施設の入園料や観覧料が無料になる。また、八王子労政会館体育館は施設使用料が無料になる。

 記念行事は6施設で開催される。夢の島熱帯植物館では「すだちのつかみどり」や「夢の島音楽祭」「マジック&バルーンショー」を実施。消防博物館では「子ども向けバックヤードツアー」、東京都水道歴史館では「神田上水に関する歴史講座」や「江戸上水史跡めぐりガイドツアー」が行われる。水道歴史館の各行事は定員制のため、9月9日までに往復はがきで申込みが必要だ。

 なお、東京都江戸東京博物館、東京都庭園美術館、東京都現代美術館は改修工事のため当日は休館。東京都美術館は企画展のみ、東京都写真美術館は収蔵展、映像展、自主企画展のみ無料となる。開館時間など詳細は各施設への確認が必要。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)