黒田有彩も登壇、奈良女子大×お茶の水女子大シンポジウム11/11

教育イベント 高校生

 奈良女子大学とお茶の水女子大学は11月11日、女子中高生らを対象に「リケジョ未来合同シンポジウム」を奈良女子大学記念館で開催する。理系分野で活躍する先輩女性が、講演やパネルディスカッションを通して経験談などを語る。参加無料。定員100名(先着順)。

 主催は、奈良女子大学・お茶の水女子大学理系女性教育開発共同機構。対象は、女子高校生・中学生、保護者、教員、女子大学生。「サイエンスの学びから将来の夢へ」をテーマに、多様な職種で活躍する理系女性から話を聞く。

 講演者は、宇宙飛行士を目指すタレントの黒田有彩、凸版印刷情報コミュニケーション事業本部の大山喜冴氏、京都産業大学理学部物理科学科の山縣淳子准教授の3人。「なぜ理系を選んだか」「大学での学びがどのように役立っているか」など、理系女性としての実体験や思いについて講演するほか、パネルディスカッションを展開する。

 女子高校生3名も登壇。奈良女子大学附属中等教育学校、奈良市立一条高等学校数理科学科、お茶の水女子大学附属高等学校の生徒が、「私たちのいまと未来」と題して発表する。閉会後は、講演者や学生と直接話ができる「茶話会」も開催予定。

 参加無料。定員は100名(先着順)。参加希望者は、Webサイトの申込フォームから申し込むこと。Webサイトから申し込めない場合は、メール、FAXでも応募できる。締切りは11月8日。

◆リケジョ未来合同シンポジウム
日時:2017年11月11日(土)13:00~16:30
※16:00~16:30茶話会(希望者対象)
会場:奈良女子大学 記念館
対象:女子高校生・中学生、保護者、教員、女子大学生
定員:100名(先着順)
参加費:無料
申込方法:Webの申込フォームから申し込む
締切り:2017年11月8日(水)
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)