なぜ理系を選んだの?先輩が語るリケジョの未来…お茶大10/21

教育イベント 中学生

 お茶の水女子大学は10月21日、女子中高生・大学生などを対象とした「リケジョ未来シンポジウム」を開催する。理系の研究現場で活躍する先輩リケジョたちによる講演やパネルディスカッションを実施。将来のヒントになる話を聞くことができる。参加無料、定員100名。

 お茶の水女子大学 理系女性教育開発共同機構は、進路や就職の選択の岐路に立つ女子中高生、大学生に、理系分野で生き生きと活躍する女性の話を直接聞く機会を提供し将来に向けたヒントを得てもらうことを目的に「リケジョ未来シンポジウム」を開催している。

 8回目となる今回は「サイエンスの学びから将来の夢へ」をテーマに、理系分野で働く3人の先輩女性を招いた講演とパネルディスカッションを行う。情報科学分野でリサーチャーとして働く先輩、物理学の知識をもとに弁理士として特許取得をサポートする先輩、製薬会社で研究に携わる先輩と、理系といっても学んだ分野や仕事の内容はさまざま。「なぜ理系を選んだか、理系を選んで何がよかったか、大学での学びがどのように役立っているか」など、先輩たちの経験談を踏まえたリアルな話を聞くことができる。

 閉会後には希望者を対象に茶話会も実施。講演者や学生と直接話ができる場を設ける。参加対象は女子中学生、高校生、大学生、保護者、教員。定員は100名で、Webサイトまたはメール、FAXのいずれかで事前申込みが必要だ。申込締切は10月18日。

◆第8回 リケジョ未来シンポジウム「サイエンスの学びから将来の夢へ」
日時:2017年10月21日(土)14:00~17:00
※16:30~17:00茶話会(希望者対象)
場所:お茶の水女子大学 共通講義棟2号館102室
対象:女子中学生、高校生、大学生、保護者、教員
定員:100名
参加費:無料
申込方法:Webサイトの専用フォームまたはメール、FAXにて申し込む
申込締切:2017年10月18日(水)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)