ものづくり体験やAIロボット初披露、トヨタ「わくわくワールド」11/5

教育・受験 未就学児

画像はイメージ(2017年クルマづくりお仕事体験先行体験会のようす)
  • 画像はイメージ(2017年クルマづくりお仕事体験先行体験会のようす)
トヨタ自動車の社内有志団体であるトヨタ技術会と、とよたものづくりフェスタ実行委員会は、共催行事「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を11月5日、スカイホール豊田(愛知県豊田市)にて開催する。

「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」は、今回で14回目の開催。トヨタ技術会による秋の恒例行事「TESフェスティバル2017」と、とよたものづくりフェスタ実行委員会による「とよたものづくりフェスタ2017」で構成され、一般来場者も無料で参加できる。

今年のTESフェスティバルは、「レッツものづくり!えがこう、みんなのゆめ!」をスローガンに、クルマやものづくりの魅力や楽しさ、ものづくりに込めるエンジニアの情熱を感じられる企画を用意。イベント当日は、トヨタ技術会創立70周年の特別企画として、同会メンバーが開発に挑戦した人工知能を搭載したロボットを初披露する。ロボットによるバスケットボールのフリースローパフォーマンスとあわせて、開発の過程を紹介する。

「アイデアコンテスト」では、恒例の「乗り物部門」に加え、世の中にあったらいいなを形にする「ベンチャー部門」を新設。社内から選抜された合計14チームがアイデアを競う。ステージでの実演に加え、乗り物部門では乗車体験会も実施する。「クルマづくりお仕事体験」は、クルマ会社への入社から始まり、クルマの生産からアフターサービスまでを一連のストーリーで疑似体験。入社式後、クルマの生産工程に沿ってミニカーを制作し、最後に実車のタイヤ交換を体験する。

一方、とよたものづくりフェスタ2017では、「出展者が通常活動の成果を発表し、来場者がその成果を体験し、ものづくりの楽しさを感じられるブース」を方針とし、ものづくりの「みる」「つくる」「チャレンジする」といった段階別のブースを用意。簡単な工作から少し難しいものづくり、ロボットの操縦体験や競技をしたりと、体験型の企画を多く用意する。

また今年はレゴブロックを使って学ぶレゴスクールが初登場する。歯車や機械の仕組みを学ぶ小学校低学年向けの教室、パソコンを使った高学年向けのプログラミング教室を実施。さらにレゴにものづくりとクルマをあわせた豊田市ならではの特別なプログラムとして、幼児から参加できる大きな街を作るワークショップや、遠くまで走るクルマを工夫しながら作る実験ラボなど、レゴスクール以上の充実した内容となっている。

トヨタ わくわくワールド開催…AIロボットを初披露 11月5日

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)