日本で見られる40種を紹介「動物園で会える絶滅危惧動物」

趣味・娯楽 小学生

 日経ナショナルジオグラフィックは10月16日、ナショナルジオグラフィック別冊の第7弾となる「100年後も見たい動物園で会える絶滅危惧動物」を発売した。付録として、A5サイズ特製クリアファイルが付いている。定価は1,400円(税別)。

 「100年後も見たい動物園で会える絶滅危惧動物」では、ジャイアントパンダやコアラ、キリン、ゾウなど人気の高い動物から、カンムリシロムクやビントロングなど知名度の低い動物まで、日本の動物園で見られる40種の絶滅に瀕した動物を写真とともに紹介している。

 掲載している動物が見られるおもな動物園リスト、レッドリスト(絶滅の危険度を示すリスト)の分類、学名、生息域、大きさ、食性、豆知識などのデータのほか、絶滅の危機に追い込まれた理由や、動物園で観察すると楽しいポイントなども解説している。

 「100年後も見たい動物園で会える絶滅危惧動物」は、絶滅から動物を守る「フォト・アーク」プロジェクトの一環として刊行されている。同書を見て、実際に動物に会いに行くことで、動物を身近に感じ、関心を持ってもらいたいという願いが込められているという。

◆100年後も見たい動物園で会える絶滅危惧動物
発売日:2017年10月16日(月)
定価:1,400円(税別)
サイズ:283mm×195mm/116ページ/ソフトカバー
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)