朝日新聞社、学童保育事業へ進出…2018年4月「港北綱島校」開業

教育・受験 小学生

朝日新聞社インフォメーション
  • 朝日新聞社インフォメーション
  • ウィズダムアカデミー 学びと体験のアフタースクール・幼児から小学生まで
 朝日新聞社は2018年4月、学童保育事業「ASAHI KIDS.アフタースクール 港北綱島校」を開業する。同社の学童保育事業への進出は初。運営は、首都圏を中心にアフタースクール事業を展開するウィズダムアカデミーが行う。最長夜10時までの預かりに対応し、多様なカリキュラムを備えた「良質な学びの環境」の提供を目指す。

 新設する「ASAHI KIDS.アフタースクール 港北綱島校」は、学童施設にセキュリティ機能を重視したドアロック付きの出入り口を採用。衛生面に配慮した手洗い場も設け、子どものアレルギー情報はウィズダムアカデミーが開発した会員管理システムを用い、衛生・安全管理を徹底する。

 カリキュラムにもこだわり、1日のスケジュールには朝日学生新聞社が発行する「朝日小学生新聞」に掲載されている「天声こども語」の書き取り時間を設ける。学習の基本である日本語の基礎構築に注力するほか、そろばん、アート、書道、ピアノ、プログラミングなど、多彩なカリキュラムも提供するとしている。

 近接する朝日スポーツクラブ[BIG-S綱島]とも提携し、両施設間の送迎を行うことで、平日のアフタースクールの時間は水泳を習うこともできる。[BIG-S綱島]ではこのほか、体育、ダンス、バレエ、空手などのスポーツへの挑戦も可能だ。

 なお、「ASAHI KIDS.アフタースクール 港北綱島校」の総店舗面積約90坪のうち、3分の1に当たる約30坪のスペースには、「やる気スイッチグループ」による幼児教室「チャイルド・アイズ」、英会話スクール「WinBe」を開設する。

 提携施設との協力や敷地内に複数の教育支援サービスを設けることで、学童保育からスポーツレッスン、知育育成から英語4技能のサポートまで、多くのサービスをワントップで提供できる「学びの場」の形成をねらう。定員や料金など、詳細は今後、決定次第公開される見込み。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)