京進グループ、2018年4月に保育園12園を開園…首都圏・沖縄も

 学習塾、英会話、保育、日本語教育事業を展開する総合教育サービスの京進グループが、2018年4月1日に東京、千葉、愛知、兵庫、広島、沖縄において新たに認可保育園と小規模認可保育園あわせて12園を開園する。沖縄での開園は、今回が京進グループで初となる。

教育・受験 未就学児
京進のほいくえん
  • 京進のほいくえん
  • 京進のほいくえんブランド
  • 2018年4月に開園する保育園一覧
 学習塾、英会話、保育、日本語教育事業を展開する総合教育サービスの京進グループが、2018年4月1日に東京、千葉、愛知、兵庫、広島、沖縄において新たに認可保育園と小規模認可保育園あわせて12園を開園する。京進グループの沖縄での開園は今回が初めて。

 京都、滋賀、大阪などを中心に展開する京進グループは、2011年に保育事業へ参入。保育園不足が深刻となっている地域を中心に全国に48の保育園を展開し、「子どもたちの健やかな成長を応援したい」という思いのもと、学習塾や幼児教育、英会話教育で培ったノウハウを生かし、English timeや知育 timeなどオリジナルプログラムを提供している。

 京進グループの保育事業は、「HOPPA」「ビーフェア」「リトルキッズ」の3つのブランド名で展開しており、今回は「HOPPA」「ビーフェア」で認可保育園6園と小規模認可保育園6園を開園する。

 認可保育園は、HOPPA江向町2丁目(名古屋市)、HOPPA妙典駅、HOPPA南大野(いずれも市川市)、HOPPA幕張町5丁目、HOPPA幕張本郷駅前(いずれも千葉市)、ビーフェア東和親水保育園(足立区)。小規模認可保育園は、HOPPA泡瀬園(沖縄市)、HOPPA六甲駅園(神戸市)、HOPPA草津新町園、HOPPA舟入川口園、HOPPA八幡東園(いずれも広島市)、ビーフェア中野富士見町(杉並区)。

 認可保育園は、0歳から5歳児が対象で定員は40名から60名。小規模認可保育園は、0歳から2歳児が対象で、定員は12名から19名。京進グループでは、保育園不足が社会問題となっている現在、安心・安全な保育環境を提供することは教育に関わる企業としての社会的使命のひとつだとして、今後も良質な保育を提供していきたいとしている。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)