大学入試英語成績提供システム、参加希望受付スタート…12/20締切

教育業界ニュース 英語・語学

大学入試センター
  • 大学入試センター
  • 大学入試センター「大学入試英語成績提供システム」
 大学入試センターは平成29年11月24日、「大学入試英語成績提供システム(成績提供システム)」への申込受付を開始した。参加を希望する資格・検定試験実施主体者は、要項に従って12月20日までに大学入試センターへ申し込むこと。

 大学入試英語成績提供システム(成績提供システム)」とは、平成32年度(2020年度)から実施される「大学入学共通テスト」において、英語の「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を評価するために導入される資格・検定試験の活用を支援するための取組み。大学入試センター内に「成績提供システム」を構築することで、資格・検定試験の成績を一元的に集積し、受検生の出願手続きの簡素化や、大学の業務負担軽減をねらう。

 資格・検定試験実施主体者の参加要件はおもに、拠点を日本国内に常設していること、個人情報に関するセキュリティ管理体制が整備されていることなど、4つの要件を満たすことが必要。資格・検定試験には、2年以上の実施実績があること、高校生の受検実績や大学入学者選抜に活用された実績があること、4技能を偏りなく評価する資格・検定試験であること、技能別の成績を大学入試センターに提供できること、高校学習指導要領との整合性が図られていることなどの参加要件が定められている。

 詳細な申込要項は大学入試センターのWebサイトで確認できる。申込受付期間は平成29年11月24日から12月20日まで。申込状況は12月中下旬に公表予定。大学入試センターは、平成29年12月から平成30年3月まで検討を行い、平成30年3月末を目処に参加要件確認結果を公表するとしている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)