ANAとJAL、無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」に資金協力

教育・受験 高校生

ANAとJAL、無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」に資金協力
  • ANAとJAL、無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」に資金協力
  • 無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」の概要
  • ANAホールディングス
  • 日本航空(JAL)
 ANAホールディングスと日本航空(JAL)は2017年11月28日、無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」に資金協力すると発表した。未来のパイロットは、1学年あたり計25名程度に対し、1人あたり500万円を無利子で貸与する。

 政府より策定された「明日の日本を支える観光ビジョン」では、訪日外国人旅行者数の目標が2020年に4,000万人とされており、パイロット養成・確保がますます重要な課題となっている。国土交通省や民間養成機関、航空会社などの関係者は、連携して継続的な検討を続けてきた。

 そこで、パイロット志望の学生・訓練生の学費・訓練費用負担の軽減を目的に、無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」が創設されることとなった。ANAホールディングスと日本航空は、運家費用の一部負担や奨学生の選考に協力し、1人でも多くの若者にパイロットを目指してもらいたいとしている。

 未来のパイロットの参加民間養成機関は、桜美林大学東海大学崇城大学千葉科学大学日本航空大学校新日本航空の6機関。航空機操縦士育英会が事業運営主体となる。

 なお、未来のパイロットへの応募は、航空会社の採用選考とは関係ない。

◆無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」
参加民間養成機関:桜美林大学、東海大学、崇城大学、千葉科学大学、日本航空大学校、新日本航空
協力航空会社:ANAホールディングス、日本航空
事業運営主体:航空機操縦士育英会
貸与人数および貸与額:1学年あたり計25名程度に対し、1人あたり500万円を無利子で貸与
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)