東京2020大会マスコット、最終3作品発表…小学生投票12/11スタート

教育・受験 小学生

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020大会 マスコットデザイン」
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020大会 マスコットデザイン」
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020大会 マスコットデザイン」最終候補3作品 (c) The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020大会 マスコットデザイン」 候補ア (c) The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020大会 マスコットデザイン」 候補イ (c) The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020大会 マスコットデザイン」 候補ウ (c) The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2017年12月7日、東京2020大会を盛り上げる「東京2020大会マスコット」の最終候補3案を公開した。12月11日より小学生投票を開始し、真の大会マスコットを決定する。

 東京2020大会マスコットのデザイン案への応募総数は2,042件。8月から形式要件チェック、小学生に対する影響力などのデザインチェック、商標調査などを含むマスコット審査会による審査を経たのち、12月7日に最終候補作品に選ばれた3作品が発表された。マスコットは「東京2020大会ならではのメッセージを伝える大会のアンバサダー」としての役割を持ち、イベントやライセンス商品、アニメーションなど、東京オリンピック・パラリンピックに関わるさまざまなシーンでの利用、活躍が見込まれる。

 最終候補案は3作品。いずれもオリンピックマスコットとパラリンピックマスコットの、合計2体のデザインが公開されている。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020大会 マスコットデザイン」最終候補3作品
画像:最終候補3作品

 候補「ア」は、伝統と近未来がひとつになったオリンピックマスコットと、桜型の触覚と超能力を持つという、クールなパラリンピックマスコットのペア。

 候補「イ」は、招福の象徴である神社の狐をイメージしたオリンピックマスコットと、日本に四季を呼ぶ風と空から生まれたパラリンピックキャラクターの対。

 候補「ウ」は、日本昔ばなしの世界から飛び出してきたという狐と、日本古来の“化けるタヌキ”によるオリパラマスコットペアが描かれている。

 3作品は2017年12月11日から2018年2月22日まで、全国の小学校、インターナショナルスクールなどの小学生から投票を受け付ける。投票は一般、個人からは受け付けておらず、投票を希望する場合は学校単位での事前登録が必要。

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は12月7日現在、特設サイトで最終候補案3作品のマスコット詳細を公開中。投票結果は2018年2月末に発表し、デザインが確定したのち、ネーミングを定めるとしている。

◆東京2020大会 マスコット最終候補3案が選ばれるまで

《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)