【大学受験2018】私立・準大学32校の医学部入試情報を一覧で掲載

教育・受験 高校生

2018年度私立・準大学選抜方法
  • 2018年度私立・準大学選抜方法
  • 医学部研究室
 SAPIX YOZEMI GROUPの医学部入試情報サイト「医学部研究室」は2017年12月25日、「2018年度私立・準大学選抜方法」の最新情報を掲載した。医学部がある全国32の私立大学と準大学について、入試日程や出題分野、学納金、奨学金などの情報をまとめている。

 「2018年度私立・準大学選抜方法」では、2017年12月1日現在判明分として「日程」「一般入試の科目・配点」「センター試験利用方式の科目・配点」「2次 数・理の出題分野」「カレンダー」「推薦・AO入試」「学納金」「奨学金・特待生制度」の8項目を一覧にしている。

 募集定員や教科・科目、入試スケジュールなどをひと目で確認でき、学納金については入学金や初年度納入額のほか、6年間の合計額もまとめている。奨学金・特待生制度では、大学独自の特待制度をはじめ、自治体と大学が連携した医学修学資金などの情報も網羅している。

 掲載大学は、東北医科歯科、自治医科、慶應義塾、順天堂、東京医科など、32の私立大学と準大学。このうち、慶應義塾の一般入試は2018年1月5日~22日に出願を受付、2月19日に1次試験、3月1日に2次試験を実施する。6年間の学納金の合計額は2,198万円。奨学金・特待生制度については、14種類の給付型奨学金を紹介している。

 「医学部研究室」ではこのほか、「2018年度国公立大学選抜方法」など、医学部合格を目指す受験生に向けた情報やデータを紹介している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)