1/22・23の大雪、埼玉や東京の学校に影響…都立高推薦出願は予定通り受付

教育・受験 その他

気象庁「アメダス」1月22日23時の積雪深
  • 気象庁「アメダス」1月22日23時の積雪深
  • 埼玉県「降雪による県内公立学校への影響について」1月23日の対応
  • 東京都教育委員会「平成30年度都立高等学校入学者選抜における推薦に基づく選抜の受付に係る降雪への対応について」
 2018年1月22日午後より降り始めた雪は、東京都でも23cm(1月22日午後11時時点)の積雪を記録。1月22日には東京都や埼玉県の一部の学校が授業を打ち切り、1月23日は埼玉県の公立小学校317校が始業を遅らせる対応をとった。

 気象庁のアメダスによる関東地方の積雪深をみると、東京都は1月22日午後6時に積雪13cm、午後11時には23cmを記録。翌日の1月23日午前7時の時点でも、東京都で21cm、神奈川県で15cm、埼玉県で16cmの積雪となっていた。

 埼玉県では、1月22月に公立幼稚園・小学校・中学校・高等学校など100校が授業を打ち切る対応をとった。また1月23日には、公立小学校317校、公立中学校153校、県立高等学校(全日制)61校などが始業を遅らせている。

 東京都は1月23日、あきる野市内の小・中学校が2校時遅れでの登校を実施。八王子市にある市立恩方第二小学校と市立加住小中学校は1月22日に一部の学年で下校を早める対応をとり、23日は児童・生徒の安全確保のため休校となった。

 東京都教育委員会は1月23日午前9時から午後3時まで、平成30年度(2018年度)都立高等学校入学者選抜における推薦に基づく選抜の出願を受け付けている。降雪による影響はなく予定どおり行うとしているが、安全に配慮して志願する高等学校に向かうこと、交通機関の不通・遅延など不測の事態が生じた場合は、必ず中学校に連絡するよう呼びかけている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)