新中1から身に付けたい新大学入試に必要な力とは…Z会東大進学教室メテウスが目指すもの

 次期学習指導要領で求めている「主体的・対話的で深い学び」の実現や、大学入試改革への対応を目的に、双方向・多方向型授業を取り入れた中高一貫中学生対象の教室として2016年に開講されたのが「Z会東大進学教室メテウス」だ。

教育・受験 小学生
Z会の教室代表 高畠尚弘氏
  • Z会の教室代表 高畠尚弘氏
  • Z会東大進学教室メテウスの多方向型授業スタイル
  • (左)生徒も講師も積極的に議論を重ねる/(右)お互いの意見・考え方を共有することで視野を広げ、相手に伝える表現力が身に付く
  • 養成する7つの力
 2018年度の高1生から大学入試が大きく変わる。全問マークシート式の大学入試センター試験に代わり2021年より施行される「大学入学共通テスト」では、記述式問題の導入が決定している。大学入試改革では知識偏重からの脱却が図られ、知識を活用してどのように問題解決するのかといった思考力や記述力が問われるようになり、自ずと受験対策も大きく変化することになる。

新大学入試に必要な力を養成するZ会東大進学教室メテウス



 中高一貫校の中学生を対象とし、御茶ノ水、渋谷、新宿、池袋、横浜の5教室を展開する「Z会東大進学教室メテウス」(以下、メテウス)は、文部科学省が次期学習指導要領で求めている「主体的・対話的で深い学び」の実現や、大学入試改革への対応を目的に、双方向・多方向型授業を取り入れた指導を2016年度より本格的に実施している。

Z会東大進学教室メテウスの多方向型授業スタイル
(左)生徒も講師も積極的に議論を重ねる/(右)お互いの意見・考え方を共有することで視野を広げ、相手に伝える表現力が身に付く

メテウスで養成する7つの力



 「他者の世界に触れ、自己の世界を広げることで、新しい価値を生み出す」ことを指導理念としているメテウスの授業では、Z会が大切にしてきた「記述力」「表現力」「答案作成力」に加え、新大学入試に向けて必要な「コミュニケーション力」「プレゼンテーション力」を育成するために、ペアワークやグループワークを積極的に取り入れている。こうした授業を通じて「自己を伝達する力」「他者を受容する力」「知識を活用する力」「自己を検証する力」「課題を設定する力」「課題を解決する力」「学習を継続する力」の7つの力の養成を目指す。

養成する7つの力
 大学入試改革の大きな柱のひとつに、知識偏重からの脱却がある。「知識をインプットするだけでなく、知識を活用したアウトプットの機会を多く設けているのも、メテウスの特長」だとZ会の教室代表の高畠尚弘氏は説明する。生徒同士の馴れ合いの話し合いにならないようプロ講師が授業を進行し、高い目標をもった仲間同士で切磋琢磨することで刺激的な環境が創り出され、受講生は教養を高め、視野を大きく広げていく。また、自宅学習用教材として添削課題を課し、提出答案は担当講師自らが採点・添削指導することにより、学力の伸長を確認する仕組みを構築している。

Z会の教室代表 高畠尚弘氏

受講生の声



 受講生からは「相談しながら、自分では考えられなかったような解法も聞けたので、良かった」「グループでの話し合いが有意義だった。提出した課題も丁寧に添削されていて良かった」「人に説明することで自分も確実に理解しているかを知ることができた」といった声があがっている。

Z会の添削指導・記述指導のノウハウが生きる



 高畠氏は「Z会は、80年以上にわたって、皆さんの答案を見つめてきました。ひとりひとりの答案を添削し、個々の課題を示し、より良い答案が書けるように鍛え上げていく。これからの入試に求められる『自分の考えを論理的に他者に伝える力』『正解のない問題に立ち向かうための力』の養成に、Z会の培ってきた添削指導・記述指導のノウハウは効果的であると確信しています。」と自信を見せる。

 2017年度も東大の定員の1/3を上回る1,100名の合格者を出すなど難関大学受験指導に定評のあるZ会だが、「難関大学合格がゴールではなく、その先の社会で活躍できる力の養成として、勉強を通して『自らで考え、伝える力』を早いうちから養成することが大切である」とし、「自らの意見を他者に伝え、他者の意見を聞くことで、あらゆる知識の視野が広がり、将来の選択肢の幅も膨らんでくる」のだという。

まずは教室に足を運んでみよう



新中1スタートダッシュ講座で体験しよう



 メテウスは2月中旬から3月末までの期間、中学入学前の準備を行う「新中1スタートダッシュ講座」を開講する。いずれも1日完結で、中学での勉強がどのようなものか、Z会の授業がどのようなものかを実際に体験することができる。

・英語:標準講座/発展講座
・数学:標準講座/発展講座
・国語:標準講座
 受講料:講座1,500円、3講座以上(一律)4,000円
 受講特典:2018年度「本科1期Aターム」入会の際に、2018年度本科入会金5,000円控除。「春期講習」もあわせて受講すると入会金17,000円が全額免除される。

新大学入試に関する講演会も多数開催



 メテウスでは2月から3月にかけて、4月より中高一貫校に通う新中1生とその保護者を対象とした講演会を各教室で多数開催する。中高6年間のカリキュラムや受講システムのほか、新大学入試に移行していく中での中高生時代の過ごし方や、求められる学力など、中学受験を終えた親子が知っておくべき知識について講演する。

「中学からの正しい学習法~Z会東大進学教室メテウス入会説明会~」
「大学入試が変わる!!-今日から磨くべき英語4技能と問題解決力、教えます-」
「最難関大学をめざす中学生の心構え」

関西圏でも開講



 中高一貫中学生対象のZ会の教室は関西圏でも開講し、首都圏同様に多方向型授業を展開している。

→関西圏「Z会京大進学教室」(梅田、上本町、京都、神戸三宮、西宮北口)

<提供:Z会>
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)