平昌オリンピック、日本勢初のメダリストは日大1年の原大智選手

 メダルラッシュに湧いた平昌オリンピック4日目の2018年2月12日。スキーフリースタイル男子モーグルで銅メダルを獲得し、日本勢初のメダリストに輝いたのは、日本大学 スポーツ科学部1年生の原大智選手だった。

趣味・娯楽 大学生
メダル獲得を喜ぶ原大智選手 Photo by Clive Rose/Getty Images
  • メダル獲得を喜ぶ原大智選手 Photo by Clive Rose/Getty Images
  • エアを決める原大智選手 Photo by Cameron Spencer/Getty Images
  • 日本大学Webサイト
 メダルラッシュに湧いた平昌オリンピック4日目の2018年2月12日。スキーフリースタイル男子モーグルで銅メダルを獲得し、日本勢初のメダリストに輝いたのは、日本大学 スポーツ科学部1年生の原大智選手だった。

 日本大学は13日付で「原 大智さん オリンピック男子モーグルで銅メダル獲得」と題し、祝辞と感謝のコメントを掲載した。

 日本大学の学生では原選手以外にも、スノーボード男子ハーフパイプにスポーツ科学部1年生で、ソチオリンピック銀メダリストの平野歩夢選手が出場する。

 同日、ノルディックスキージャンプ女子では高梨沙羅選手が銅メダルを獲得するなど、若者の活躍が目覚ましい平昌オリンピック。今後の日本勢の活躍にも注目したい。
《綾瀬しづか》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)