【夏休み2018】昆活マイスターに香川照之が就任、特別展「昆虫」7/13-10/8

 東京・上野公園にある国立科学博物館で2018年7月13日から10月8日、昆虫をテーマとした特別展「昆虫」が開催される。展覧会の昆活マイスター(オフィシャルサポーター)に俳優の香川照之が就任した。昆活企画第1弾として、昆虫チラシ採集を実施している。

教育イベント 小学生
 東京・上野公園にある国立科学博物館で2018年7月13日から10月8日、昆虫をテーマとした特別展「昆虫」が開催される。展覧会の昆活マイスター(オフィシャルサポーター)に俳優の香川照之が就任した。昆活企画第1弾として、昆虫チラシ採集を実施している。

 特別展「昆虫」は、大規模特別展では初めての「昆虫」がテーマ。日本だけでなく世界で収集された標本や映像・展示演出で、昆虫の驚くべき世界を紹介する。特殊な撮影技術で3D化して昆虫標本をスクリーンに投影したり、全長約2メートルの巨大模型で昆虫の身体の仕組みを紹介したりするなど、多様な手法での展示が見どころの1つだという。

 日本最大の甲虫「ヤンバルテナガコガネ」の新種の基準となる貴重な標本や、宝石のように鮮やかな色や輝きを持つ昆虫、想像を絶するめずらしい姿の昆虫、琥珀の中に閉じ込められた太古の昆虫など、数万点の標本が展示される。

 昆虫に興味を持つ、学ぶ、採集するなど、昆虫に関わるすべての活動を「昆活」とし、展覧会を通じて、昆虫の魅力を伝え、薄れつつある人間と昆虫の関わりを再び強めたいとしている。“昆活マイスター(オフィシャルサポーター)”には、昆虫好きとしても知られる俳優の香川照之が就任した。

 昆活マイスター就任にあたり香川照之は、「この特別展『昆虫』で、みなさんにぜひ昆虫の魅力を知ってほしいと思います。たくさんの昆虫に触れ、その生命力や、ボディーの美しさを感じてください。きっと明日からの生活に生かせる何かが見つかるはずです」と語っている。

 昆活企画第1弾として、昆虫チラシを採集するイベントを開催している。3月12日より配布されているチラシには、香川照之が虫取り少年の装いで登場。チラシの裏面が折り紙になっていて、切り取って折るとある昆虫ができあがる。チラシは全部で3種類あり、折れる昆虫も3種類。チラシが出現する期間や場所はバラバラだが、オフィシャルTwitterなどでヒントが出るかもしれないという。

◆特別展「昆虫」
会場:国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
会期:2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
休館日:2018年7月17日(火)、9月3日(月)・10日(月)・18日(火)・25日(火)
時間:9:00~17:00(最終入場は閉館時間の30分前まで)
※金曜、土曜日は20:00まで
※閉館時間や休館日は変更する可能性がある
入場料金:一般・大学生1,600円(前売1,400円)、小・中・高校生600円(前売500円)
※前売券は2018年5月に発売予定。前売券発売日は決定次第、展覧会公式Webサイトなどで公開される
主催:国立科学博物館、読売新聞社、フジテレビジョン
協賛:光村印刷、トピー工業
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)